報道発表資料

平成29年2月3日
自然環境
この記事を印刷

研究開発段階の遺伝子組換え生物等の第一種使用規程の申請に係る学識経験者からの意見聴取会合(平成28年度第1回)の開催について

「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(カルタヘナ法)に係る第一種使用規程の申請等について、学識経験者からの意見を聴取するための会合を開催いたします。

1 日時

平成29年2月13日(月) 14:00~17:00

2 場所

環境省 19階 環境省第2・3会議室

(東京都千代田区霞が関1丁目2番2号 中央合同庁舎5号館)

3 議事

(1)研究開発段階の遺伝子組換え生物等の第一種使用規程承認申請書の検討について

WRKY45 遺伝子発現イネ、Oryza sativa L.日本晴;NIA-OS001-8
WRKY45 遺伝子発現イネ、Oryza sativa L.日本晴;NIA-OS002-9
WRKY45 遺伝子発現イネ、Oryza sativa L.日本晴;NIA-OS003-1
WRKY45 遺伝子発現イネ、Oryza sativa L.たちすがた;NIA-OS004-2
WRKY45 遺伝子発現イネ、Oryza sativa L.たちすがた;NIA-OS005-3
WRKY45 遺伝子発現イネ、Oryza sativa L.たちすがた;NIA-OS006-4
WRKY45 遺伝子発現イネ、Oryza sativa L.日本晴;NIA-OS007-5
WRKY45 遺伝子発現イネ、Oryza sativa L.たちすがた;NIA-OS008-6
・シンク能改変イネ(OsCKX2/Gn1a 改変イネ系統)
・シンク能改変イネ(IAA-Glucose hydrolase/TGW6 改変イネ系統)

(2)メチル化修飾ジャガイモの隔離ほ場における栽培について

StGBSSI メチル化修飾ジャガイモ(Solanum tuberosum ワセシロ)
StVinv メチル化修飾ジャガイモ(Solanum tuberosum ワセシロ)

(3)その他

4 傍聴

(1)申込方法

 傍聴を希望される方は、2月8日(水)17時までに、電子メールで件名に「遺伝子組換え意見聴取会合の傍聴希望」と明記し、電子メール本文に(1)氏名、(2)所属、(3)連絡先(電話番号・電子メールアドレス)及び(4)会議冒頭の頭撮り希望の有無を記入の上、事務局(kumikae@mext.go.jp)へ登録してください。ただし、席に限りがあるため、傍聴希望の方が多数の場合には、先着順とします。その他、事務局からの指示があった場合には、これに従ってください。

(2)申込先

文部科学省研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室 

電話 03-5253-4111(内線4113)

電子メール kumikae@mext.go.jp

5 お問い合わせ先

環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室

担当者 平山、黛

電話 03-3581-3351(内線6683)

連絡先
環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室
代表   03-3581-3351
直通   03-5521-8344
室長   曽宮 和夫   
室長補佐 立田 理一郎  
担当   平山 宗幸 (内線6683)

関連情報

関連Webページ

ページ先頭へ