報道発表資料

平成27年5月25日
自然環境
この記事を印刷

(公社)日本動物園水族館協会等のライチョウ保護増殖事業の確認及び認定について

 環境省は、(公社)日本動物園水族館協会(以下「日動水」という。)、東京都(恩賜上野動物園)及び富山市(富山市ファミリーパーク)が実施するライチョウ保護増殖事業について、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(以下、「種の保存法」という。)に基づき、国が定める保護増殖事業計画に適合している旨の確認及び認定を平成27年5月29日に行いますのでお知らせします。

 なお、5月29日に姫路キャッスルグランヴィリオホテルで開催される平成27年度日動水総会において、確認証及び認定証の授与を行います。

1 経緯

 日動水と環境省は平成26年5月22日に「生物多様性保全の推進に関する基本協定」を締結し、ツシマヤマネコ及びライチョウをはじめとする絶滅危惧種の生息域外保全の取組等において協力を行ってきました。

 ライチョウについては、平成24年10月に環境省がライチョウ保護増殖事業計画を策定し、同計画において将来的な野生復帰を見据えた生息域外保全の取組を実施することとしており、協定に基づき日動水と環境省との連携体制を構築しています。

 平成27年のライチョウの繁殖期に、乗鞍岳からライチョウの卵を採取して飼育繁殖の取組を開始することとしており、そのために必要な法的手続きの一環として、種の保存法に基づく保護増殖事業の確認及び認定を行います。

2 確認、認定について

 種の保存法では、地方公共団体又はその他の者が実施する国内希少野生動植物種の保護増殖事業について、国の保護増殖事業計画に適合している旨の環境大臣の確認(地方公共団体の場合)又は認定(その他の者の場合)を行うことができるとされています。

 確認又は認定を受けることにより、譲渡し等の禁止など国内希少野生動植物種にかかる規制の一部が適用除外となり、動物園における飼育繁殖の取組を円滑に実施することが可能となります。

このため、以下の団体から申請を受けた事業計画について、確認及び認定を行います。

<認定> 公益社団法人 日本動物園水族館協会

<確認> 東京都(恩賜上野動物園)、富山市(富山市ファミリーパーク)

3 事業計画の概要

 日動水の事業計画の概要は以下のとおりです。なお、東京都(恩賜上野動物園)及び富山市(富山市ファミリーパーク)の事業計画については、日動水の事業計画に準じた内容となっています。

①目標 

 ライチョウの飼育下繁殖技術を確立し、野生復帰させ得る資質を備えた本種の生息域外個体群を形成、維持するとともに、動物園等における普及啓発を推進する。


②事業計画の区域

 東京都恩賜上野動物園

 東京都多摩動物公園

 横浜市繁殖センター

 富山市ファミリーパーク

 いしかわ動物園

 長野市茶臼山動物園

 市立大町山岳博物館


③事業内容

・飼育下繁殖の実施及び技術確立

・体制の構築

・普及啓発


④事業計画の期間

 10年間(平成27年5月29日~平成37年5月28日)

4 確認証及び認定証の授与について

【日時】平成27年5月29日(金)10:10~10:15(予定)

【会場】姫路キャッスルグランヴィリオホテル

     (平成27年度日動水通常総会会場)

    〒670-0940 姫路市三左衛門堀西の町210

【登壇者】

 日動水:会長 荒井 一利

 恩賜上野動物園:園長 土居 利光

 富山市ファミリーパーク:園長 山本 茂行

 環境省:希少種保全推進室長 安田 直人

取材について

 取材を希望される方は、527日(水)までに、下記連絡先に事前に登録願います。事前にお申し込みの無い場合は、会場の都合上、取材をお断りする場合がありますのでご注意下さい。

取材連絡先:

   日動水総会事務局:姫路市立動物園 

   〒670-0012 兵庫県姫路市本町68番地

   Tel  079-284-3636 Fax 079-284-3637

   担当:藤本

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室
環境省自然環境局野生生物課
希少種保全推進室  
(代表: 03 - 3581 - 3351)
(直通: 03 - 5521 - 8353)
室  長 : 安田 直人(6677)
室長補佐 : 笹渕 紘平(6464)
係  長 : 佐藤 直人(6687)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ