総合環境政策

電気の供給を受ける契約に係る裾切り方式未実施機関・施設の公表

電気の供給を受ける契約の推進を図るため、裾切り方式未実施機関・施設を公表します。

裾切り方式とは

温室効果ガス等の排出の程度を示す係数(二酸化炭素排出係数)の低い小売電気事業者との契約に努めるよう配慮するため、二酸化炭素排出係数等による裾切り方式を採用しています。

 

裾切り方式の具体的要件として、以下2 点を満たした事業者に入札参加資格を与えるものです。

  • 電源構成、非化石証書の使用状況及び二酸化炭素排出係数の情報を開示していること。
  • 次のアからウの3つの項目を「必須項目」としたポイント制により評価し、合計点が一定の点数を上回ること。なお、調達者の判断により、「需要家への省エネルギー・節電に関する情報提供の取組の実施の有無」を「加点項目」として設定することも可能。

ア.二酸化炭素排出係数
イ.未利用エネルギーの活用状況
ウ.再生可能エネルギーの導入状況

裾切り方式未実施機関・施設一覧

令和2年度の契約実績における電気の供給を受ける契約の裾切り方式未実施機関・施設(低圧電力を除く)の一覧です。

なお、電力を供給する小売電気事業者が限られる離島や系統電力に接続していない施設等競争を行うことが適切ではない場合は除外しています。