自然環境・生物多様性

特別地域内において捕獲等が規制されている動物(指定動物)

和名

タイマイ

学名

Eretmochelys imbricata

指定する国立・国定公園

西表石垣国立公園、慶良間諸島国立公園

特徴

甲羅の色は黄褐色から茶褐色で腹面は淡黄色。甲羅の辺縁は鋭く尖る。甲羅の長さは約80~90cmほどで体重は平均60kg。サンゴ礁域に生息する種であり、日本では南西諸島でのみ上陸産卵する。

現状

絶滅危惧IB類(EN)。かつてはべっ甲細工の材料として大量に捕獲され大きく生息数を減らした。いくつかの海岸ではモニタリングが実施されている。

指定による効果・目標等

生息地保全を基本として、監視やモニタリング等を実施しながら捕獲規制を行うことにより、公園区域における繁殖環境を保全する。

写真

写真:タイマイ
写真:下池和幸

環境省 自然環境局 国立公園課
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 TEL:03-3581-3351(代表)

著作権・リンクについて

ページ先頭へ