地球温暖化対策計画(令和3年10月22日閣議決定)

 2021年10月22日、地球温暖化対策計画が閣議決定されました。
 地球温暖化対策計画は、地球温暖化対策推進法に基づく政府の総合計画で、2016年5月13日に閣議決定した前回の計画を5年ぶりに改訂しました。
 日本は、2021年4月に、2030年度において、温室効果ガス46%削減(2013年度比)を目指すこと、さらに50%の高みに向けて挑戦を続けることを表明しました。
 改訂された地球温暖化対策計画は、この新たな削減目標も踏まえて策定したもので、二酸化炭素以外も含む温室効果ガスの全てを網羅し、新たな2030年度目標の裏付けとなる対策・施策を記載して新目標実現への道筋を描いています。 

目次

   別表1:エネルギー起源二酸化炭素に関する対策・施策の一覧
   別表2:非エネルギー起源二酸化炭素に関する対策・施策の一覧
   別表3:メタン、一酸化二窒素に関する対策・施策の一覧
   別表4:代替フロン等4ガスに関する対策・施策の一覧
   別表5:温室効果ガス吸収源対策・施策の一覧
   別表6:横断的施策

参考資料

[2022年7月20日追記]
P17「(2)廃プラスチックの製鉄所でのケミカルリサイクルの拡大」における誤字を修正いたしました。