地球環境・国際環境協力

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき2号」による観測データ(輝度スペクトル及び観測画像)の一般提供開始について

 環境省が国立研究開発法人国立環境研究所(NIES)と国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)とともに開発した温室効果ガス観測技術衛星「いぶき2号」(平成301029日打上げ)が観測したデータの一般提供を令和元年85日より開始しました。

 今回対象となるデータは、平成31年2月から温室効果ガス観測センサ2型(FTS-2)が取得した輝度スペクトルデータ(FTS-2 レベル1B)及び雲・エアロソルセンサ2型(CAI-2)が取得した画像データ(CAI-2 レベル1B))となります。

【提供方法】

 国立環境研究所のデータ提供ホームページ(https://prdct.gosat-2.nies.go.jp/)にて、ユーザ登録を行うことで、希望する日時のデータをダウンロードいただけます。

ページ先頭へ