平成30年度第10回薬事・食品衛生審議会薬事分科会化学物質安全対策部会化学物質調査会 化学物質審議会第185回審査部会 第192回中央環境審議会環境保健部会化学物質審査小委員会 議事要旨

日時

【第一部】平成31年3月22日(金)1300分~1533

【第二部】平成31年3月22日(金)15時45分~17時40

場所

大手町サンスカイルーム 会議室E

議題

【第一部】

  1. 優先評価化学物質のリスク評価(一次)評価Ⅱにおける評価等について

  2. その他

【第二部】

1.新規化学物質の審議について

2.その他

議事

【第一部】

会議は公開で行われた。

議題1について

・優先評価化学物質である[3-(2-エチルヘキシルオキシ)プロピルアミン]トリフェニルホウ素(III)のリスク評価(一次)評価Ⅱにおける物理化学的性状等の詳細資料(案)および生態影響に係る有害性評価書(案)について審議が行われ、了承された。漁網用防汚剤の評価手法については、検討事項はあるものの概ね了承され、引き続きリスク評価(一次)評価Ⅱを進めることとなった。

・優先評価化学物質であるビス(2-スルフィドピリジン-1-オラト)銅のリスク評価(一次)評価Ⅱにおける物理化学的性状の詳細資料(案)及び生態影響に係る有害性評価書(案)について審議が行われ、了承された。その後、進捗及び今後の対応について報告され、引き続きリスク評価(一次)評価Ⅱを進めることとなった。

・優先評価化学物質であるα-(ノニルフェニル)-ω-ヒドロキシポリ(オキシエチレン)(別名ポリ(オキシエチレン)=ノニルフェニルエーテル)(NPE)のリスク評価(一次)評価Ⅱにおける生態影響に係る有害性評価書(案)について審議が行われたが、キーデータについての信頼性ランク及びPNEC値としての採用について委員間の意見が一致しなかった。このため、次点のデータについて有害性評価書(案)を作成し、環境基準値との関係の考え方に係る事務局の調整内容と併せて、平成31年7月に予定される3省合同審議会において引き続き議論を続けることとなった。

議題2について

・リスク評価(一次)評価Ⅱのスケジュールについて報告がなされた。

【第二部】

新規化学物質の審査等に係る企業情報の秘密保護の観点から、会議は非公開で行われた。

・ 議題1について、届出があった新規化学物質31件の判定に関する審議が行われた。
・ 議題2について、必要な議論が行われた。

ページ先頭へ