中央環境審議会循環型社会部会(第31回)議事要旨

開催日

令和元年9月13日(金)

方法

持ち回り審議による。

出席者

酒井部会長、枝廣委員、大石委員、大久保委員、大熊委員、大迫委員、大塚委員、小野田委員、
崎田委員、篠木委員、白石委員、新熊委員、杣谷委員、高岡委員、髙橋勝浩委員、髙橋若菜委員、
高村委員、中島委員、古尾谷委員、細田委員、三浦委員、見山委員、山田委員

審議内容

レジ袋有料化検討小委員会の設置について

審議結果

 中央環境審議会循環型社会部会の下に、新たにレジ袋有料化検討小委員会を設置することについて審議された。その結果、レジ袋有料化検討小委員会を設置し、資源・廃棄物制約、海洋プラスチックごみ問題等の幅広い課題に対応するべく、令和元年5月に関係省庁で策定した「プラスチック資源循環戦略」に位置づけられた、「レジ袋有料化義務化」の手法を具体的に検討する必要性が認められ、「レジ袋有料化検討小委員会の設置について(案)」(資料1)のとおり、決定された。

配布資料

資料1 レジ袋有料化検討小委員会の設置について(案)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ