保健・化学物質対策

中間取りまとめ(平成26年12月22日公表)参考文献

  1. [1] 食品中の放射性物質の検査 月別検査結果(平成23年3月)、厚生労働省
      http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000029prx-att/2r98520000029q5s.pdf
  2. [2] 県民健康調査について、福島県 [PDF 530KB]
  3. [3] 「県民健康調査」 検討委員会について、福島県 [PDF 143KB]
  4. [4] 「県民健康調査」検討委員会設置要綱、福島県
      https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/65128.pdf
  5. [5] ICRP Publication 103 国際放射線防護委員会の2007年勧告、公益社団法人日本アイソトープ協会翻訳発行(2009)
      http://www.icrp.org/docs/P103_Japanese.pdf
  6. [6] United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation 2010. UNSCEAR 2010 Report., UNSCEAR (2011)
      http://www.unscear.org/docs/reports/2010/UNSCEAR_2010_Report_M.pdf
  7. [7] Health risk assessment from the nuclear accident after the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami., WHO (2013)
        http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/78218/1/9789241505130_eng.pdf
  8. [8] Sources, effects and risks of ionizing radiation. UNSCEAR 2013 Report. Volume I:Report to the general assembly, scientific annex A: Levels and effects of radiation exposure due to the nuclear accident after the 2011 great east-Japan earthquake and tsunami., UNSCEAR (2013)
      http://www.unscear.org/docs/reports/2013/13-85418_Report_2013_Annex_A.pdf
  9. [9] 個人線量計による外部被ばく線量測定結果(環境省放射線健康管理担当参事官室作成)
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-01/mat02_1.pdf [PDF 1.5MB](p.11~12)
  10. [10] 第16回福島県「県民健康調査」検討委員会(平成26年8月24日)資料1「県民健康調査「基本調査」の実施状況について」、福島県
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-10/ref02.pdf [PDF 1.8MB](p.5~13)
  11. [11] S.Takahara et al., Probabilistic Assessment of Doses to the Public living in areas contaminated by the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident, S. Takahashi (eds.), Radiation Monitoring and Dose Estimation of the Fukushima Nuclear Accident, Springer, pp.197-214 (2014)
      http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/search/servlet/search?5042415
  12. [12] 宮城県健康影響に関する有識者会議報告書(平成24年2月)
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-01/mat02_3_1.pdf [PDF 1.3MB]
  13. [13] 栃木県における放射線による健康影響に関する報告書(平成24年6月放射線による健康影響に関する有識者会議)
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-01/mat02_3_2.pdf [PDF 1.0MB]
  14. [14] 小児甲状腺被ばく調査結果に対する評価について(平成23年9月9日原子力安全委員会)
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-01/mat02_1.pdf [PDF 1.5MB](p.4~6)
  15. [15] 小児甲状腺被ばく調査結果説明会の結果について(平成23年9月5日内閣府原子力被災者生活支援チーム)
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-02/mat01-1.pdf [PDF 3.8MB](p.7~13)
  16. [16] 小児甲状腺被ばく調査に関する経緯について(平成24年9月13日原子力安全委員会)
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-03/ref01-1.pdf [PDF 1.3MB](p.17~33)
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-03/ref01-2.pdf [PDF 1.9MB](p.1~29)
  17. [17] Y. Hosokawa et al., Thyroid Screening Survey on children after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident. Radiation Emergency Medicine 2013 Vol.2,No.1 82-86 (2013)
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-03/mat01-1.pdf [PDF 1.1MB](p.7~11)
  18. [18] 平成24年度原子力災害影響調査等事業(事故初期のヨウ素等短半減期による内部被ばく線量評価調査)成果報告書
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-02/ref01-1.pdf [PDF 4.4MB](p.4~40)
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-02/ref01-2.pdf [PDF 3.1MB](p.1~11)
  19. [19] S.Tokonami et al., Thyroid dose for evacuees from the Fukushima nuclear accident, SCIENTIFIC REPORTS (2012)
        http://www.nature.com/srep/2012/120712/srep00507/pdf/srep00507.pdf
  20. [20] 竹安正則他, 福島第一原子力発電所事故後の大気中放射性物質濃度測定結果に基づく線量の評価―東海村周辺住民を対象として―, Jpn.J.Healthys.,48(3),141~149 (2013)
      https://www.jstage.jst.go.jp/article/jhps/48/3/48_141/_pdf
  21. [21] 山田純也他, 福島第一原子力発電所事故に係るJAEA大洗における環境放射線モニタリング―空間γ線線量率,大気中放射性物質,気象観測の結果―, JAEA-Data/Code 2013-006 (2013)
      http://www.jaea.go.jp/fukushima/pdf/JAEA-Data-Code-2013-006.pdf
  22. [22] 古田定昭他, 福島第一原子力発電所事故に係る特別環境放射線モニタリング結果―中間報告(空間線量率、空気中放射性物質濃度、降下じん中放射性物質濃度)―, JAEA-Review 2011-035 (2011)
      http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Review-2011-035.pdf
  23. [23] ホールボディカウンターによる内部被ばく検査 検査の結果について、福島県
      http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21045b/wbc-kensa-kekka.html
  24. [24] 福島県住民ホールボディカウンター測定の線量評価の方針について、福島県 [PDF 187KB]
  25. [25] 早野龍五他,福島県内における大規模な内部被ばく調査の結果― 福島第一原発事故7-20ヶ月後の成人および子供の放射性セシウムの体内量― (日本学士院紀要Proceedings of the Japan Academy Series B 89 (2013) 157-163 の抄訳)
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-09/ref01.pdf [PDF 563.9KB]
  26. [26] 2011年度 陰膳方式による放射性物質測定結果、生活協同組合コープふくしま [PDF 235KB]
  27. [27] 平成23年度厚生労働科学研究「食品中の放射性モニタリング信頼性向上及び放射性物質摂取量評課に関する研究」(研究代表者:蜂須賀 暁子 国立医薬品食品衛生研究所 代謝生化学部)、厚生労働省 [PDF 1,279KB]
  28. [28] 食品中の放射性セシウムから受ける放射線量の調査結果(平成26年2・3月調査分)、厚生労働省 [PDF 208KB]
  29. [29] 食品から受ける放射線量の調査結果(平成25年3月陰膳調査分)、厚生労働省 [PDF 212KB]
  30. [30] 「県民健康調査」進捗状況発表(平成23年12月13日発表)資料「外部被ばくの線量の推計について」、福島県
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-02/mat01-2.pdf [PDF 4.7MB](p.23~34)
  31. [31] 県民健康調査「健康診査」について、福島県
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-10/ref01.pdf [PDF 625.4KB](p.2~4)
  32. [32] 県民健康調査「こころの健康度・生活習慣に関する調査」について、福島県
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-10/ref01.pdf [PDF 625.4KB](p.7~8)
  33. [33] 県民健康調査「妊産婦に関する調査」について、福島県
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-10/ref01.pdf [PDF 625.4KB](p.9)
  34. [34] 放射線健康影響(内部被ばく線量)調査の評価等について(平成24年3月2日岩手県放射線内部被ばく健康影響調査有識者会議)
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-01/mat02_3_4.pdf [PDF 193.0KB]
  35. [35] 放射線による健康への影響に関する有識者会議の結果(群馬県)
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-01/mat02_3_3.pdf [PDF 174.8KB]
  36. [36] SEER Stat Fact Sheets: Thyroid Cancer, National Cancer Institute at the National Institutes of Health [PDF 198KB]
  37. [37] Kyu-Won Jung et al., Cancer Statistics in Korea: Incidence, Mortality, Survival and Prevalence in 2010., Cancer Research and Treatment : Official Journal of Korean Cancer Association 2013;45(1):1-14 (2013)
      http://e-crt.org/upload/pdf/crt-45-1.pdf
  38. [38] がんの統計 '13(公益財団法人がん研究振興財団) がん年齢調整罹患率年次推移(1985年~2007年)、独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービス
      http://ganjoho.jp/data/professional/statistics/backnumber/2013/fig17.pdf
  39. [39] がんの統計 '13(公益財団法人がん研究振興財団) がん年齢調整死亡率年次推移(1985年~2012年)、独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービス
      http://ganjoho.jp/data/professional/statistics/backnumber/2013/fig14.pdf
  40. [40] 集計表のダウンロード 2.罹患データ(全国推計値)、独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービス
        http://ganjoho.jp/professional/statistics/statistics.html#incidence
  41. [41] 志村浩巳, 日本における甲状腺腫瘍の頻度と経過−人間ドックからのデータ, 日本甲状腺学会雑誌,Vol1 No2/Oct.2010,109-113
      http://www.japanthyroid.jp/commmon/20100102_07.pdf
  42. [42] 甲状腺腫瘍診療ガイドライン 2.診断・非手術的管理 CQ3、日本癌治療学会
        http://jsco-cpg.jp/guideline/20.html#cq3
  43. [43] 甲状腺腫瘍診断ガイドライン 1.疫学 CQ2、日本癌治療学会
      http://www.jsco-cpg.jp/guideline/20.html#cq2
  44. [44] 甲状腺腫瘍診療ガイドライン 3-a.乳頭癌 コラム7、日本癌治療学会
        http://www.jsco-cpg.jp/guideline/20_2.html#column7
  45. [45] 福島県「県民健康調査」甲状腺検査について、福島県
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-10/ref01.pdf [PDF 625.4KB](p.5~6)
  46. [46] 県民健康調査の「甲状腺検査」とは?、ふくしま国際医療科学センター放射線医学県民健康管理センター [PDF 904KB]
  47. [47] 第16回福島県「県民健康調査」検討委員会(平成26年8月24日)資料2-1「県民健康調査「甲状腺検査(先行検査)」結果概要【暫定版】」、福島県
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01-10/ref02.pdf [PDF 1.8MB](p.14~38)
  48. [48] 平成24年度原子力災害影響調査等事業(甲状腺結節性疾患有所見率等調査)成果報告書
      http://www.env.go.jp/chemi/rhm/reports/h2603a.pdf [PDF 742.7KB]
  49. [49] Sources and effects of ionizing radiation. Volume II: Scientific Annexes C, D and E. UNSCEAR 2008 Report., UNSCEAR (2011)
      http://www.unscear.org/unscear/en/publications/2008_2.html
  50. [50] Sources and effects of ionizing radiation. Volume II: Effects. UNSCEAR 2000 Report. United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation UNSCEAR 2000 Report to the General Assembly., UNSCEAR (2000)
      http://www.unscear.org/unscear/en/publications/2000_2.html
  51. [51] 臨床研究に関する倫理指針、厚生労働省
      http://www.mhlw.go.jp/general/seido/kousei/i-kenkyu/rinsyo/dl/shishin.pdf

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ