受賞団体・個人のタイトル画像 受賞団体・個人のタイトル画像sp
「星空の街・あおぞらの街」全国大会・全国協議会へのリンクアイコン
受賞団体・個人へのリンクアイコン
全国協議会加入自治体へのリンクアイコン

「星空の街・あおぞらの街」全国協議会は、環境保全への啓発・普及等において、各地域で優れた活動を行った団体及び個人に対して環境大臣賞の授与などを行っています。

令和元 年度 北海道弟子屈町大会 表彰団体・個人

環境大臣賞 団体賞の画像

第 31 回 環境大臣賞 団体賞

株式会社ツーリズムてしかが

(北海道)

平成21年の設立当初から、着地型旅行商品として「摩周湖星紀行」を実施している。摩周湖星紀行には平成28年~平成30年の3年間には約1万人が参加。世界有数の透明度を誇る摩周湖での満天の星空を通し、自然環境の保全と活用を図るエコツーリズムを推進したまちづくりについて、国内だけでなく、訪日外国人観光客を通じ世界にも発信している。

次世代を担う子どもたちを対象としたエコツアーの実施や星空を通じた環境教育、人材育成活動にも積極的に取組み、地元と共に活動する旅行業者として地域の人材育成、観光振興に貢献している。

令和元 年度 環境大臣賞 団体賞 受賞者の画像

★受賞者コメント

このたび、環境大臣賞という名誉ある賞を頂き、誠にありがとうございます。ツーリズムてしかがは設立以来、星空観察の活動を通じ摩周湖をはじめとする弟子屈町が持つ自然の素晴らしさを発信し続けて参りました。

これからも、弟子屈町の星空の魅力、美しさや面白さを皆さんに伝えていきたい、また次世代を担う子どもたちにも伝えていきたいと思いますとともに、弟子屈町といえば星空、星空といえば弟子屈町と呼ばれる場所を目指し、努力して参りたいと思います。

環境大臣賞 個人賞の画像

第 31 回 環境大臣賞 個人賞

阿部 俊夫

(岩手県)

教員時代はもとより、退職後も継続して学校や各地域で星空観察活動を行っている。久慈地区各市町村で星空教室を開催するとともに、星が見える環境の大切さを伝えている。

「おおの星をみる会」を結成後、洋野町天体観測施設「ひろのまきば天文台」での開催を含め300回以上の星空観察会を行い、解説のわかりやすさで好評を得るとともに、天文教育の普及に尽力している。

近隣の小・中学校の理科の時間として天文台で天文教室を行い、星空や宇宙への興味・関心を高め、宇宙飛行士などの将来の夢づくりに貢献している。

星空観察を通して、空の暗さと大気環境の確保の大切さを伝えている。

令和元 年度 環境大臣賞 個人賞 受賞者の画像

★受賞者コメント

この度は、環境大臣賞という身に余る賞をいただき感謝しております。

長年の活動が評価されたことに心から嬉しく思っております。

これもひろの星を見る会の仲間の皆さんや洋野町そして天文ファン、関係者の皆様のご協力・ご支援の賜であると深くお礼を申し上げます。

これからも、星空観察を通して星が見える環境の大切さをアピールすると共に星の進化や星と人体との関わりなど天文学の最新の成果を伝えていきたいと思っております。

また、月へ火星へなど進む宇宙開発から宇宙への夢も育んでいきたいと考えています。

協議会会長賞 団体賞の画像

第 31 回 協議会会長賞 団体賞

大牟田市立多目的活動施設 リフレスおおむた

(福岡県)

活動当初から、光害の啓発を目的として、星空観察会を実施している。

大牟田市環境保全課の協力のもと、星空観察の前に光害啓発のための座学を行ったり、空気中のほこりと人工光が光害の原因であることを説明する模擬実験を行うことで、子どもを中心とした幅広い年代の参加者に対して、光害への理解が深まるように努めている。

星空観察の出張観察会を実施し、若手ボランティアの育成にも力を入れている。

環境省が呼びかける「平成30年度冬の星空観察デジタルカメラによる星空の明るさ調査」に参加している。

令和元 年度 協議会会長賞 団体賞 受賞者の画像

★受賞者コメント

この度、全国協議会会長賞という名誉ある賞をいただき大変光栄です。

当施設は今年で20周年を迎えますが、光害の啓発を目的に、開所した当時から地域の皆様に向け、星空観察会を続けています。

今後も観察会を支えてくださる多くの仲間と共に、星空観察会を通じて、環境保全への関心と啓発に努め、次の世代へ継承できればと願っています。

協議会会長賞 個人賞の画像

第 31 回 協議会会長賞 個人賞

田中 文夫

(北海道壮瞥町)

20年以上「壮瞥町天文同好会」の会長として、壮瞥町の天体観測施設「森と木の里センター」で星空の継続観察を行うとともに、ボランティアで当該施設訪問者への星空ガイドを行っている。

この施設は、アニメ「天体のメソッド」の舞台になっており、国内外から多くの人々が訪れているが、壮瞥町の空と田中氏の深い知識とユーモアあふれる天体解説で、多くのリピーターを生んでいる。

壮瞥町教育委員会が開催する「夜空を見る集い」では講師を務め、子どもから大人までを対象に、壮瞥町の星空の解説を行っている。自らが考案した星座認定試験を全国に広め、受験者も年々増加している。

令和元 年度 協議会会長賞 個人賞 受賞者の画像

★受賞者コメント

20年以上、「壮瞥町天文同好会」の会長として、天体教育の普及活動を行い、環境保全の重要性を伝えてまいりました。

きっかけは、町有施設の「森と木の里センター」に素晴らしい望遠鏡があり、多くの方に素敵な夜空を見てもらいたかったのが始まりです。

自ら考案した星座検定制度を作り、多くの方が資格取得を目標に励んでもらっています。

活動拠点の「森と木の里センター」は、今後も未来を担う子供達や大人の癒しの場を提供し続けるためにも古い天体観測機器を更新して、「満天の星を次世代に魅せ続けたい!」のが私の願いです。

この度の受賞は長年のボランティア活動に大きな励みとなりました。関係各位の皆様には、大変感謝申し上げます。

平成30 年度 香川県高松市大会 表彰団体・個人

環境大臣賞 団体賞の画像

第 30 回 環境大臣賞 団体賞

富山県天文学会

(富山県)

天文同好会として、50年以上にわたり県内各地で活動、小学校や宿泊施設、地域団体等からの依頼を受けて、毎年数多くの移動天文教室や星空観測会、講演活動等を行っており、美しい星空の素晴らしさや星空観察の面白さについて伝えている。

富山県が推進する大気環境保全啓発事業「とやまスターウォッチング」には中心メンバーとして参画している。星空観察の手引書「星空観察のススメ」や、星の見やすいスポットをまとめた「とやま星空マップ」を天文・星空観察の専門家として監修し、富山の星空の魅力を伝えるとともに、美しい星空を守るための大気環境保全の重要性の啓発、光害への関心を高める取り組みにも貢献している。

平成30 年度 環境大臣賞 団体賞 受賞者の画像

★受賞者コメント

このたび、環境大臣賞という名誉ある賞を頂き、誠にありがとうございます。富山県天文学会は、長年、星空の活動を通して天文の普及や子どもたちへの教育を行ってきました。これからも、富山の星の魅力、美しさや面白さをみなさんに伝えていきたいと思います。

会のメンバーと一緒に星空を見ることが、一番の楽しみです。仲間と一緒に学ぶことの楽しさも伝えつつ、活動を発展させていきたいと思います。

環境大臣賞 個人賞の画像

第 30 回 環境大臣賞 個人賞

小島 茂美

(香川県高松市)

自宅に25cmの反射望遠鏡を備えた私設の天文台を設け、これを子どもたちや地域の方々、アマチュア天文家などに開放し、天体観測や天体写真の撮り方を指導するなど、広く宇宙の魅力を伝えるとともに、大気保全の大切さへの関心を高める活動を続けている。

毎年200人以上が参加する「鬼無星を見る会」は、これまで35年間継続しており、星空観察の楽しさの啓発や地域のつながりにも貢献している。

「四国天文協会」設立時から香川県支部長や顧問として指導的な役割を果たし、大気環境保全の普及啓発にも長年取り組んでいる。

平成30 年度 環境大臣賞 個人賞 受賞者の画像

★受賞者コメント

この度は、栄えある「環境大臣賞」をいただき誠にありがとうございました。

長年にわたって、私が活動してきたことが、こういう形で評価され、思いがけない受賞で大変うれしく思っております。

これも県内のアマチュア天文家の仲間の皆様が、天体望遠鏡などを持ち寄り、活動に御協力して下さったおかげでございまして、感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも、美しい夜空に感動する心を、次世代に伝えていきたいと思っています。

協議会会長賞 団体賞の画像

第 30 回 協議会会長賞 団体賞

一般社団法人 天体望遠鏡博物館

(香川県さぬき市)

「天体望遠鏡」を展示物とする世界初の博物館として2016年に開館。

公共施設の大型天体望遠鏡や個人の貴重な天体望遠鏡を譲り受けて移設・修復し、収蔵数は300台を超えている(2018年現在)。

昼間はボランティアスタッフが案内する「天体望遠鏡を見て楽しむ館内ツアー」を行っている。「太陽黒点・プロミネンス観察」や自宅で星空を見る機会を増やすための「天体望遠鏡工作教室」「天体望遠鏡使い方教室」も開催している。

寄贈された各種天体望遠鏡を活用しての「夜間天体観望会」は、毎回多数の参加者が訪れている。

展示品の天体望遠鏡がリユースされているだけでなく、博物館の施設も閉校となった小学校の校舎をリユースしている。

スタッフは全員ボランティアであり、天体望遠鏡の移設・修復費用の多くも協賛企業、市民からの寄付で賄われている。

平成30 年度 協議会会長賞 団体賞 受賞者の画像

★受賞者コメント

これまで、星空や天体を観望する楽しさ、天体望遠鏡を使ってより詳しく観察する楽しさを通じて、自然環境の大切さを幅広い世代に伝えていく活動を行ってきました。この度の受賞を機会に、より多くの方に環境保全の重要性に関心をもってもらい、さらに観察指導者の育成にも取り組んでいく所存です。

この度の受賞はボランティアスタッフにとって、大きな励みとなりました。いつも支援くださっている関係各位にこの場をお借りして感謝申し上げます。

協議会会長賞 個人賞の画像

第 30 回 協議会会長賞 個人賞

藤川 繁久

(香川県観音寺市)

これまで日本人が発見した彗星は、現在までに約86個であるが、藤川氏はそのうちの10個を発見しており、存命の日本人では最多である。さらにそのうち7個の彗星には、藤川氏の名前が付けられている。近年は、新星や矮新星の発見にも力を入れており、2012年以降、4個の新星、3個の矮新星を発見している。

個人の天文施設「ぼくらの星空」を子どもたちに開放するほか、市や小学校と協力して講演会や観望会を行うなど、広く市民に対して星空観察の魅力を発信している。

光害対策についても関心を持ち、夜間の過剰な照明やサーチライトの使用禁止等にも取り組んでおり、講演会等で光害の防止について訴えている。

平成30 年度 協議会会長賞 個人賞 受賞者の画像

★受賞者コメント

この度は「星空の街・あおぞらの街」全国協議会会長賞という、身に余る賞をいただき、誠にありがとうございました。

厚くお礼を申し上げます。

私は、人生のライフワークとして半世紀、天体掃索一本に打ち込んできました。そしてその合間を拾って自己流の一般公開を続けてきました。レンズを覗き込む子どもたちの真剣な眼差しに、私も吸い込まれ、同じ目線で共に楽しんできた在りし日が走馬灯のように浮かんできます。

時代は大きく変わってきたけど、このスタイルはこれからも続きます。

自然科学の普及と発展に微小なりとも寄与出来れば、アマチュアとしてこの上ない喜びを感じています。

ありがとうございました。

※写真は受賞団体・個人より提供いただきました。

これまでの表彰団体・個人

第29 回 長野県南牧村大会の画像

第29 回 長野県南牧村大会

・環境大臣賞  団体賞

スタービレッジ阿智誘客促進協議会 (長野県阿智村)

・環境大臣賞  個人賞

河本 玲子 (長野県南牧村)

・協議会会長賞 団体賞

佐久市天体観測施設
うすだスタードーム (長野県佐久市)

・協議会会長賞 個人賞

吉田 偉峰 (岩手県盛岡市)

第28 回 高知県四万十町大会の画像

第28 回 高知県四万十町大会

・ 環境大臣賞  団体賞

富山市科学博物館附属富山市天文台 (富山県富山市)

・環境大臣賞  個人賞

川添 晃 (高知県南国市)

・協議会会長賞 団体賞

小郡市天文スタッフ (福岡県小郡市)

・協議会会長賞 個人賞

岸村 進 (山口県岩国市)

第27 回 福島県福島市大会の画像

第27 回 福島県福島市大会

・環境大臣賞  団体賞

兵庫県立大学西はりま天文台(兵庫県佐用町)

・環境大臣賞  個人賞

桂 伸夫(福島県いわき市)

・協議会会長賞 団体賞 

群馬県立前橋女子高等学校地学部(群馬県前橋市)

福島東稜高等学校科学部(福島県福島市)

第26 回 大分県玖珠町大会の画像

第26 回 大分県玖珠町大会

・ 環境大臣賞  団体賞

NPO 法人大分宇宙科学協会(大分県大分市)

・環境大臣賞  個人賞

石井 昇(大分県玖珠町)

・協議会会長賞 団体賞

塩尻星の会(長野県塩尻市)

・協議会会長賞 個人賞

梅林 信治(福岡県北九州市)

第25 回 福岡県北九州市大会の画像

第25 回 福岡県北九州市大会

・ 環境大臣賞  団体賞

八女市星の文化館(福岡県八女市)

・環境大臣賞  個人賞

原田 明(山口県周南市)

・協議会会長賞 団体賞

清和高原天文台(熊本県上益城郡)

福岡県立小倉高等学校SS 天文研究会(福岡県北九州市)

第24 回 和歌山県日高川町大会の画像

第24 回 和歌山県日高川町大会

・ 環境大臣賞  団体賞

みさと天文台友の会(和歌山県海草郡紀美野町)

・環境大臣賞  個人賞

豊川 光雄(宮城県柴田郡柴田町)

・協議会会長賞 団体賞

滋賀県立米原高等学校地学部(滋賀県米原市)

・協議会会長賞 個人賞

櫨木 芳髙(和歌山県有田市)

第23 回 滋賀県多賀町大会の画像

第23 回 滋賀県多賀町大会

・ 環境大臣賞  団体賞

NPO 法人八重山星の会(沖縄県石垣市)

・環境大臣賞  個人賞

藪 保男(滋賀県近江八幡市)

・協議会会長賞 団体賞

兵庫県立御影高等学校天文地学部(兵庫県神戸市)

坂下星見の会(三重県亀山市)

第22 回 山梨県北杜市大会の画像

第22 回 山梨県北杜市大会

・ 環境大臣賞  団体賞

東筑紫学園高等学校理科部(福岡県北九州市)

・環境大臣賞  個人賞

高橋 進(滋賀県彦根市)

・協議会会長賞 団体賞

木曽星の会(長野県木曽町)

・協議会会長賞 個人賞

石川 清弘(北海道旭川市)

第21 回 静岡県静岡市大会の画像

第21 回 静岡県静岡市大会

・ 環境大臣賞  団体賞

ライトダウン甲府バレー実行委員会(山梨県甲府市)

・環境大臣賞  個人賞

青島 晃(静岡県磐田市)

・協議会会長賞 団体賞

千葉県立松戸高等学校地学部(千葉県松戸市)

・協議会会長賞 個人賞

箕輪 敏行(神奈川県川崎市)

第20 回 愛知県豊田市大会の画像

第20 回 愛知県豊田市大会

・ 環境大臣賞  団体賞

静岡県立磐田南高等学校地学部(静岡県磐田市)

・環境大臣賞  個人賞

水谷 雅寛(三重県四日市市)

・協議会会長賞 団体賞

新潟天文研究会(新潟県新潟市)

日原天文台(島根県津和野町)

第1回~第19 回大会
環境大臣賞(環境庁長官賞)全国協議会会長賞
第19回 長野県松本市第19 回
長野県松本市
天の川賞和歌山市立こども科学館しなの星空散歩会きらきら
すばる賞丹羽 薈(愛知県)礒辺 大暢(千葉県)
第18回 岩手県二戸市第18 回
岩手県二戸市
天の川賞スターウォッチングクラブ北斗室根山星空の会
すばる賞船田 工(大分県)松本 幸久(岐阜県)
第17回 長野県佐久市第17 回
長野県佐久市
天の川賞盛岡天文同好会善通寺こどもエコクラブ
すばる賞松本 直弥(長崎県)木下 恵介(熊本県)
第16回 京都府京丹後市第16 回
京都府京丹後市
天の川賞柴田町星を見る会佐久市子ども未来館
すばる賞沼澤 茂美(新潟県)

平井 正則(福岡県)

(特別賞)関 勉(高知県)

第15回 静岡県浜松市第15 回
静岡県浜松市
天の川賞熊本県民天文台オヤット天文クラブ
すばる賞林 美秀(愛知県)小椋 栄一(福島県)
第14回 鹿児島県輝北町第14 回
鹿児島県輝北町
天の川賞丹後スペースクラブ天文ボランティア「うちゅうせん」
すばる賞内田重美(神奈川県)

小原 英(岩手県)

(特別賞)百武 裕司( 故)(鹿児島県)

第13回 群馬県高山村第13 回
群馬県高山村
天の川賞太田宇宙の会水俣星を見る会
すばる賞倉田 巧(群馬県)大竹 修司(福島県)
第12回 岡山県美星町第12 回
岡山県美星町
天の川賞浜松市天文協会平塚市博物館天体観察会
すばる賞多胡昭彦(岡山県)中村正之(栃木県)
第11回 北海道陸別町第11 回
北海道陸別町
天の川賞美星スターウォッチングクラブしなの星空散歩会・きらきら
すばる賞松本好郎(沖縄県)武石正憲(北海道)佐々木一行(岩手県)
第10回 岩手県衣川村第10 回
岩手県衣川村
天の川賞北股小学校星を見る会(岩手県衣川村)加世田サイエンスクラブ
すばる賞監物邦男(岡山県)

大下信雄(岐阜県)

(特別賞)岡部陽一(故)(岩手県)

第9回 愛知県名古屋市第9 回
愛知県名古屋市
天の川賞

(星空にやさしい街10 選)

陸別町・仙台市・浦和市・長野市・松本市・熱海市・阪南市・美星町・福山市・佐世保市

(ヘールボップ賞)

衣川村・吉川市・藤橋村・名古屋市・東栄町・園部町・倉敷市・筑紫野市・佐賀市・姶良町

第8回 鳥取県佐治村第8 回
鳥取県佐治村
天の川賞さじアストロパーク多治見星野会
すばる賞佐藤 健(広島県)菅原真一(北海道)
第7回 福島県滝根町第7 回
福島県滝根町
天の川賞名古屋市科学館天文クラブ和歌山県長谷毛原中学校
すばる賞大野裕明(福島県)大友哲(山梨県)
第6回 兵庫県八鹿町第6 回
兵庫県八鹿町
天の川賞高崎星を見る会八鹿ぼしを見つけようかい
すばる賞佐藤敏朗(岩手県)冨永 智(埼玉県)
第5回 宮崎県綾町第5 回
宮崎県綾町
第4回 石川県穴水町第4 回
石川県穴水町
第3回 兵庫県佐用町第3 回
兵庫県佐用町
第2回 長野県王滝村第2 回
長野県王滝村
第1回 北海道芦別市第1 回
北海道芦別市