1. ホーム
  2. A-1. 容器包装リサイクル法の概要
コラム
A-1.容器包装リサイクル法の概要

容器包装リサイクル法とは

家庭から排出されるごみの重量の約2~3割、容積で約6割を占める容器包装廃棄物について、リサイクルの促進等により、廃棄物の減量化を図るとともに、資源の有効利用を図るため、平成7年6月に制定され、平成9年4月から本格施行された法律です。

(法律の所管は、環境省、経済産業省、財務省、厚生労働省及び農林水産省の5省共管。)

◆背景 ~廃棄物の排出量の増大と最終処分場のひっ迫~
◆仕組み ~消費者が分別排出、市町村が分別収集、事業者がリサイクル~
◆対象 ~商品の容器包装であって、商品が消費等された場合不要になるもの~
◆成果 ~分別収集量、リサイクル率の増加と最終処分場の延命化~
◆課題と見直し ~高止まる一般廃棄物排出量、社会的コストの増加・・・~
◆法改正 ~3Rの推進、社会的コストの効率化、関係者の連携~

コラム

bar