廃棄物・リサイクル対策

食品リサイクル関連 | 関連資料

食品リサイクル推進マッチングセミナー(平成27年度~)

 食品リサイクルの取組の更なる促進のため、地域の実情に応じて、多様な食品リサイクル・食品リサイクルループの取組の形成を促していく必要があります。

 本セミナーでは、食品関連事業者、再生利用事業者、農林漁業者、地方公共団体等を対象に、食品リサイクル法の最新動向とリサイクルの現状についての説明や、食品リサイクル・食品リサイクルループの優良事例紹介のほか、パネルディスカッション及び情報交換会を実施しています。

 

 平成27年度は全国4カ所(愛知県名古屋市、宮城県仙台市、埼玉県さいたま市、山口県宇部市において開催しました。(実施結果はこちら[178KB]

学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3R促進モデル事業(平成27年度~)

 学校給食用調理施設は、食品廃棄物を継続的に発生させている主体の一つであり、可能な限り食品ロス削減国民運動の一環として食品ロス削減等の取組を実施するとともに、調理くずや食べ残しなどの食品残さのリサイクルを推進することが必要です。また、食育・環境教育の一層の推進を図る観点からも、地方自治体における取組を後押しし、学校給食から発生する食品ロスの削減・食品リサイクルの促進等を図ることが必要です。

 本モデル事業では、市区町村が、市区町村教育委員会、学校関係者、関係事業者等の地域の関係者と協力し、学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3Rの実施、3Rの実施内容を教材として食育・環境教育の実施や地域循環圏の形成・高度化を図るモデルプランを公募により選定し、学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3R促進の優良事例の形成を促進しています。


 平成27年度は、北海道札幌市、長野県松本市及び岐阜県恵那市の3市での事業を実施しました。(実施結果の全体版はこちら[PDF66MB]

【事例集】

平成27年度 北海道札幌市[PDF3869KB]

      長野県松本市[PDF2346KB]

      岐阜県恵那市[PDF3840KB]  

学校給食から発生する食品ロス等の状況に関する調査結果(平成26年度)

 平成26年度に実施した学校給食から発生する食品ロス等の状況に関する調査結果を掲載しています。(調査結果の全体版はこちら[PDF 645KB]

養豚業におけるエコフィードの利用の促進と廃棄物処理法制(資料集)[PDF 1105KB]

 養豚農業振興法の施行を受けて、食品残さを原材料とする飼料(いわゆる「エコフィード」)の製造・利用の促進を図る観点から、これに関連する食品リサイクル法等の特例制度や廃棄物処理法の運用に関する通知を紹介する資料集(ガイドブック)を都道府県・市町村の御担当者向けに作成し、掲載しています。

食品リサイクル推進環境大臣賞

 平成21年度「食品リサイクル推進環境大臣賞」の決定のお知らせを掲載しています。

地方自治体における食品廃棄物等の再生利用等の取組実態調査(準備中)

 食品リサイクル法に基づく食品循環資源の再生利用等が円滑に行われるよう、個々の市区町村における対応が適切に実施されていることを確認することを目的として、市区町村における食品廃棄物等の発生抑制・再生利用に関する実態についてアンケート調査を行いました。また、家庭から発生する食品廃棄物の量及び食品ロスの量については全国推計を行いました。これらの調査結果を掲載しています。

●平成24年度推計

●平成25年度推計

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ