報道発表資料

平成19年1月11日
自然環境
この記事を印刷

首都圏自然歩道の路線変更について(首都圏自然歩道と東北自然歩道との接続)

環境省は、平成19年1月11日付けで、首都圏自然歩道整備計画の栃木県内路線の変更を決定し、東北自然歩道への連絡ルート134kmを追加しました。これにより、全国9つの長距離自然歩道が整備計画上接続され、長距離自然歩道の全国ネットワークが整うこととなりました。

1.路線見直しの概要

 長距離自然歩道は、多くの人々が沿線の豊かな自然環境や文化に触れ、自然保護に対する意識を高めることを目的としています。昭和45年度の東海自然歩道を皮切りに、全国9歩道における計画及び整備を進めており、現在の計画では、総延長が約2万6千km、年間利用者数が約6千万人となっています。また、社会情勢の変化等を踏まえ、必要に応じ路線計画の見直しを行い、より利用しやすい歩道としているところです。

 この中で、今回、首都圏自然歩道の路線計画の見直しにより、東北自然歩道への連絡ルート134kmを新たに追加することとし、これと平成18年度に行った中国自然歩道における四国自然歩道への連絡ルート139kmの追加を合わせて、全国9歩道が整備計画上接続され、長距離自然歩道の全国ネットワークが整うこととなりました。

 今回追加する路線は、栃木県茂木町もてぎまち内の既設路線から分岐北上し、那珂川沿いを経て、東北自然歩道の福島県白河市しらかわしに至るルートであり、今後の整備により、多くの人々の利用が期待されます。

2.首都圏自然歩道東北連絡ルートの概要

(1) 起終点
起点: 首都圏自然歩道
 (栃木県芳賀郡茂木町はがぐんもてぎまち:ふるさとセンター茂木)
終点: 東北自然歩道起点
 (福島県白河市しらかわし:白河の関)
(2)東北連絡ルート及び首都圏自然歩道の延長
東北連絡ルート延長:約134.3km
計画変更後の首都圏自然歩道の路線延長:約1,799km
(3) 東北連絡ルート概要図
別添図のとおり

3.整備の概要

 平成19〜21年度にかけて、栃木県及び関係市町が必要な箇所に公衆便所、案内板及び指導標などを整備する計画。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
直通:03-5521-8274
 課長:渡邉綱男(内線 6430)
 補佐:難波和聡(内線 6481)
 専門官:中島朝長(内線 6436)
 担当:森 有希(内線 6479)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ