報道発表資料

平成18年12月26日
水・土壌
この記事を印刷

環境技術実証モデル事業検討会 閉鎖性海域における水環境改善技術ワーキンググループ会合(平成18年度第4回)の開催について

環境技術実証モデル事業検討会 閉鎖性海域における水環境改善技術ワーキンググループ会合(第4回)が、平成19年1月29日(月)に開催され、閉鎖性海域における水環境改善技術実証試験要領の最終案をとりまとめる予定です。本会合は公開で行われます。
1.日時

平成19年1月29日(月)13:30〜15:30

2.場所

経団連会館 9階 906号室(明治)
東京都東京都千代田区大手町1−9−4

3.議題(仮)
(1)
閉鎖性海域における水環境改善技術実証試験要領(最終案)の検討
(2)
実証機関選定の考え方について
(3)
その他
4.会合の傍聴
 この会合は、公開で行われます。傍聴希望の方は、電子メール又はFAXにてお申し込みください。お申し込みの際には、「環境技術実証モデル事業検討会閉鎖性海域における水環境改善技術ワーキンググループ会合(第4回)傍聴希望」と明記し、住所、氏名、勤務先、電話番号、傍聴券の送付先(電子メール又はFAX番号)を明記の上、平成19年1月22日(月)17時必着で、以下の連絡先までお申し込みください。申込みは、傍聴希望者一人につき1通といたします。
 なお、傍聴可能人数は、20名を予定していますので、傍聴希望者が20名を超えた場合は、抽選となる場合があります。
 また、抽選後、傍聴いただける方には、傍聴券を御指定いただいた送付先(電子メール又はFAX)にお送りいたしますので、傍聴の際には必ず御持参願います。(抽選の結果、傍聴いただけない場合はその旨の連絡をいたします。)
5.傍聴希望の連絡先
三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株) 環境・エネルギー部
 (担当 柏井、吉澤)
 〒105-8631 東京都港区新橋1丁目11番7号
 TEL 03-3572-9034,  FAX 03-3575-0320
 e-mail:etv@murc.jp
6.連絡先
環境省水・大気環境局水環境課閉鎖性海域対策室(直通03-5521-8317)
 室長:高橋 康夫(6660)
 室長補佐:秋山 和裕(6661)
 室長補佐:浅見 尚史(6666)
 担当:大島 創太郎(6665)
連絡先
環境省水・大気環境局水環境課閉鎖性海域対策室
(直通03-5521-8317)
 室長:高橋 康夫(6660)
 室長補佐:秋山 和裕(6661)
 室長補佐:浅見 尚史(6666)
 担当:大島 創太郎(6665)

ページ先頭へ