報道発表資料

平成18年7月7日
総合政策
この記事を印刷

平成18年度環境カウンセラーの募集について

環境省は、環境カウンセラー登録制度実施規程に基づき、平成18年度の環境カウンセラーの募集を行います。  この制度は、環境保全に関する専門的な知識や豊富な経験を持ち、市民や事業者が取り組む環境保全活動にアドバイスできる方を環境カウンセラーとして登録し、その情報をインターネット上で公開する制度です。
 環境保全に関する相談に応じたり、自発的に環境保全活動を行ったりすることで、地域の環境保全活動の推進に貢献しようと考えている方の応募を期待しております。

1.平成18年度環境カウンセラー募集方法

(1)申請受付期間
 平成18年9月1日(金)〜9月30日(土)
(2)申請方法
 募集期間内に次の書類等を提出する。詳細は募集要項に掲載。なお、申請手数料は無料
  • 申請書
  • 申請書中の資格・経歴を補完又は証明するもの
  • 実務経験証明書(事業者部門へ申請する方のみ)
  • 課題論文(2,000字以上4,000字以内)

※平成18年度論文テーマ(事業者部門・市民部門共通)
「あなたは環境カウンセラーとしてどのように活動したいと考えますか。あなたのこれまでの活動経験を踏まえて記述してください。」

(3)選考方法
 環境保全に関する経歴等を記載した申請書及び課題論文による書面審査(第一次審査)並びに面接審査(第二次審査)による。
(4)申請後の日程
平成18年12月末 第一次審査結果通知、面接日程等に関する通知
平成19年1〜2月 面接審査(会場は東京都内及び大阪市内を予定)
平成19年4月 合格者を環境カウンセラー登録簿に登録
登録簿をインターネット上で公開
(5)申請書提出先(事業者部門・市民部門共通)
財団法人 日本環境協会
〒106-0041
東京都港区麻布台1-11-9 ダヴィンチ神谷町2階
TEL 03-5114-1251  FAX 03-5114-1250

2.募集要項の入手方法

 募集要項を希望する場合は、返信用封筒(角形2号・A4サイズが入る大きさに200円分の切手を貼り、送付宛名先を明記)を沿えて、別紙申込先まで郵便でお申し込み下さい。
 また、以下のアドレスに募集要項及び申請書の様式を掲載しております。
 http://www.env.go.jp/policy/counsel/04.html

参考
環境カウンセラー制度について

(1)制度の概要(詳細は右webサイト参照 http://www.env.go.jp/policy/counsel/
 環境省では、平成8年9月5日、環境カウンセラー登録制度実施規程を告示し、環境カウンセラー登録制度を創設しました。本制度は、環境保全活動を行おうとする市民や事業者に対して環境保全等に関する知識の付与や活動に関する助言や指導を行うことを希望する者のうち、適切な能力・識見を有する者として国民に広く推奨すべき者を環境カウンセラーとして登録し、広く一般に公表することにより、市民や事業者などの環境保全活動を推進するものです。
 なお、登録には、環境省の実施する書面及び面接審査に合格することが必要です。
 登録された環境カウンセラーには、依頼や相談に対するアドバイスに加え、環境保全活動の企画・実践や主体間のコーディネート等の役割を自ら積極的に果たすことが期待されています。
 募集は、毎年1回行っており、今回は11回目になります。
(2)年度別の登録者数(平成18年4月現在)
登録年度事業者部門市民部門合計(実数*)
平成8年度 530 274 804 (767)
平成9年度 276 160 436 (407)
平成10年度 241 166 407 (371)
平成11年度 142 130 272 (259)
平成12年度 209 129 338 (322)
平成13年度 211 179 390 (371)
平成14年度 185 174 359 (328)
平成15年度 219 178 397 (366)
平成16年度 174 185 359 (335)
平成17年度 163 199 362 (330)
合計 2350 1774 4124 (3856)
*実数は合計から両部門登録者数を引いた数

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境経済課環境教育推進室
室長:渋谷 晃太郎(6240)
 室長補佐:尾崎 泰之(6262)
 担当:峯村 篤(6271)

ページ先頭へ