報道発表資料

平成18年7月7日
自然環境
この記事を印刷

国立・国定公園特別地域内において捕獲等を規制する動物(指定動物)の指定について

国立・国定公園内における動物の保護を図ることを目的に、国立・国定公園特別地域内において捕獲等を規制する動物(指定動物)を指定する告示を平成18年7月7日に公布し、7月20日より施行することとなりましたのでお知らせします。
 併せて、5月18日から6月16日までの間、指定動物の選定案について国民の皆様からの御意見を募集した結果を取りまとめましたので公表します。

1.国立・国定公園特別地域内において捕獲等を規制する動物の指定について

 平成14年4月の自然公園法の一部改正により、国立・国定公園特別地域内において環境大臣が指定する動物(以下「指定動物」という。)を捕獲等することが新たに規制行為として追加されました。
 これを受け、専門家により構成される「指定動物保護対策検討会」において、平成18年4月に「国立・国定公園特別地域内において捕獲等を規制する動物の選定要領」及び「指定動物の選定に係る作業方針」を策定しました。
 このたび、本選定要領及び作業方針に基づき、指定動物を以下のとおり指定することとしました。

2.指定する動物及び地域

  • タイマイ(西表国立公園、沖縄海岸国定公園(慶良間地域))
  • アオウミガメ(霧島屋久国立公園(屋久島地域)、西表国立公園、沖縄海岸国定公園(慶良間地域))
  • アカウミガメ(霧島屋久国立公園(屋久島地域)、西表国立公園、沖縄海岸国定公園(慶良間地域))
  • オガサワラアオイトトンボ(小笠原国立公園)
  • オガサワラトンボ(小笠原国立公園)
  • ミヤジマトンボ(瀬戸内海国立公園(宮島地域))
  • ウスイロヒョウモンモドキ(大山隠岐国立公園(大山蒜山地域、三瓶山地域)、氷ノ山後山那岐山国定公園)
  • タイワンツバメシジミ(本土亜種)(西海国立公園(平戸島・生月島地域))
  • ミヤマシロチョウ(八ヶ岳中信高原国定公園)

3.指定動物の選定案に対する国民からの意見募集の結果

 本指定動物の選定案について5月18日から6月16日までの間、国民の皆様からの意見募集を行ったところ、その概要は以下のとおりです。

(1)意見提出数        12通
内訳
意見提出数(内訳)
※郵送及び電子メールの両方で届いたものは「郵送等」とした。
(2)整理した意見の総数
   33種類
(3)意見と対応の考え方について
添付資料のとおり

4.施行期日

本告示の施行期日は平成18年7月20日です。

指定動物保護対策検討会での検討状況:
http://www.env.go.jp/nature/sitei_animal/(環境省ホームページ内)

添付資料

連絡先
環境省自然環境局国立公園課
課長 鍛治 哲郎 (6440)
 課長補佐 則久 雅司(6442)
 専門官 田中 英二 (6438)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ