報道発表資料

平成18年5月9日
自然環境
この記事を印刷

平成18年度指定動物保護対策検討会(第2回)の開催について

環境省では、国立・国定公園特別地域内において捕獲等を規制する動物(以下「指定動物」という。)の選定に当たり、自然公園内における動物の保護の在り方や指定動物の選定方針、保護施策について検討を行うため、平成18年度指定動物保護対策検討会(第2回)を以下のとおり開催いたします。

1.日時

平成18年5月12日(金) 16:30〜18:30

2.場所

環境省第1会議室(中央合同庁舎第5号館22階)

3.議題(予定)

国立公園における動物の保護施策と指定動物の選定について 等

4.その他

(1)
検討会の会議については、希少動植物の生息状況等に関する情報が含まれるため非公開で行われます。
(2)
検討会の会議は非公開で行われますが、カメラ撮りは会議の冒頭のみ可能です。 カメラ撮りを希望されるマスコミ関係者の方は、平成18年5月11日(木) 17:00までに下記の連絡先までお申し込みください。

5.連絡先

環境省自然環境局
国立公園課
担当 : 田中(英)、則久
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
TEL : 03-3581-3351(代表) 内線6438
FAX : 03-3595-1716

参考

国立・国定公園特別地域内において捕獲等を規制する動物の選定について平成14年4月に改正された自然公園法第13条第3項第11号において、「国立・国定公園特別地域内における環境大臣が指定する動物の捕獲等」が新たに規制行為として追加された。これを受け、規制が必要と思われる動物種の選定に当たり指定動物保護対策検討会を開催し、自然公園内における動物の保護の在り方や指定動物の選定方針、保護施策について検討を行うこととした。

連絡先
環境省自然環境局国立公園課
課長 鍛治 哲郎 (6440)
 課長補佐 則久 雅司(6442)
 専門官 田中 英二 (6438)

ページ先頭へ