報道発表資料

平成15年12月2日
総合政策
この記事を印刷

平成16年度環境保全経費概算要求における「推奨事項」の選定について

 環境省は、関係府省の環境保全経費の新規要求予算のうち、環境保全上の観点から特に高い効果が期待できると考えられる施策を「推奨事項」として選定しました。
  1. 「推奨事項」選定の対象
     平成16年度環境保全経費概算要求のうち環境省を除く関係府省の新規施策

  2. 「推奨事項」の選定の視点
    以下の環境保全上の観点から特に高い効果が期待できるもの
    [1] 施策を行う国民的ニーズ・緊急性が高い
    [2] 施策を行うことにより波及的効果が高い
    [3] 各府省が連携し効果が高い
    [4] 先駆性があり効果が高い

  3. 「推奨事項」の結果 
    別紙のとおり
  4. (注)環境保全経費とは
     環境保全経費とは、政府における地球環境の保全、公害の防止並びに自然環 境の保護及び整備に関する経費を総称したものです。
     環境保全経費は、複数の関係府省において取り組まれている環境保全に係る 施策が、政府全体として効率的、効果的に展開されるよう、環境省設置法第4 条第3号の規定に基づき環境省が見積りの方針の調整を行い、取りまとめてい るものです。
     平成16年度環境保全経費概算要求額の総額は、2兆9,645億円です。

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境計画課
課長  :谷 みどり(6220)
 課長補佐:東岡 礼治(6250)
 担当  :鈴木、市川(6281)

ページ先頭へ