報道発表資料

平成26年12月4日
水・土壌
この記事を印刷

常磐自動車道(浪江~南相馬)における除染方針の達成状況について(お知らせ)

環境省は、平成24年12月より「常磐自動車道除染等工事」を行い、平成25年6月をもって除染作業を終了し、同9月に除染の結果について公表したところです。

今般、浪江インターチェンジ(以下「IC」という。)~南相馬IC間の整備工事が行われたことを受け、環境省では、路面舗装等の効果による線量低減を期待した「除染方針(※)」(平成24年8月31日公表)の達成状況を確認するため、モニタリングカーによる走行サーベイを実施しました。

その結果、浪江IC~南相馬ICの除染対象区間において、「除染方針」の目標の空間線量率を大きく下回っていることを確認しました。(同IC間の除染対象区間の空間線量率は、平成26年10月21日に測定した結果、平均0.6~0.7μSv/hでした。)

なお、平成26年2月に再開通した広野IC~常磐富岡ICの除染対象区間では、供用開始に当たり「除染方針」を達成したことを確認しましたが、今回の走行サーベイにより、さらに空間線量率が低減していることを確認しました。(同IC間の除染対象区間の空間線量率は、平成26年10月29日に測定した結果、平均1.3~1.5μSv/hでした。)

また、平成27年のゴールデンウィーク前までに開通予定の常磐富岡IC~浪江ICについては、現在整備工事中ですが、現時点で既に「除染方針」の目標の空間線量率を下回っていることを確認しました。(同IC間の除染対象区間の空間線量率は、平成26年10月21日に測定した結果、平均0.5~2.4μSv/hでした。)

※参考 平成24年8月31日に公表した常磐自動車道に係る除染方針


路面舗装等の効果による線量低減を期待した「除染方針」

[1]3.8μSv/h超~9.5μSv/h以下(平成24年6月時点):

今後の復旧・整備工事で修繕・整備する箇所については、路面舗装等の効果による線量低減が期待されることから、路面上における供用時の空間線量率を概ね3.8μSv/h以下とすることを目指す。

[2]9.5μSv/h超(同上):

合理的な範囲内で効果的な除染を出来うる限り実施し、路面上における供用時の空間線量率を、最も高い箇所においても、概ね9.5μSv/h以下とすることを目指す。

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局除染チーム
代 表:03-3581-3351 
次 長:元永 秀
補 佐:藤井 進太郎(内線7535)
担 当:佐藤 滋芳(内線7539)
福島環境再生事務所
代 表:024-573-7330
課 長:加藤 聖
企画官:槙田 雅士(内線402)
担 当:八木橋 龍美(内線662)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ