報道発表資料

平成12年3月9日 この記事を印刷

「地球環境とライフスタイルに関する世論調査」の結果について

この度、3省庁が「地球環境とライフスタイルに関する世論調査」を実施し、その結果がまとまりましたので、発表いたします。

  対象:全国20歳以上の者2,000人(回収率67.3%)
  期間:平成11年11月10日〜14日

  「サマータイム制度に対する賛否」
  賛成60%(賛成13.5%、条件が整備されれば賛成46.2%)
  反対20%
  分からない20%
  (注:小数点第1位以下四捨五入)


(参考)
【総理府世論調査の結果推移】
(注)はじめてサマータイム制度に対する支持が5割を上回る結果に。
   戦後、サマータイム制度が廃止された際の反対意見(53%)を
   上回る支持(54%)



 (「地球環境とライフスタイルに関する世論調査結果の特徴」については、
   別添を参照して下さい。)


  【問い合わせ先】
 
 ○経済企画庁 国民生活局国民生活政策課(栗原)
   電話(代表)03−3581−0261(内線5314)
      (直通)03−3581−3734
 
 ○環境庁 地球環境部環境保全対策課(坂本、大貫)
   電話(代表)03−3581−3351(内線6757,6738)
      (直通)03−5521−8245
 
 ○資源エネルギー庁 石炭・新エネ部省エネルギー対策課(遠藤、瀧澤、平野) 
   電話(代表)03−3501−1511(内線3922〜3924)
      (直通)03−3501−9726                

添付資料

連絡先
環境庁企画調整局地球環境部環境保全対策課
課   長 :竹本和彦(内6740)
 課長補佐 :坂本文雄(内6757)
 担   当 :大貫太一(内6738)

ページ先頭へ