報道発表資料

平成23年11月21日
自然環境
この記事を印刷

我が国の絶滅のおそれのある野生生物の保全に関する点検会議第2回会合の開催について(お知らせ)

 環境省では、絶滅のおそれのある野生生物の保全について、これまでの政策の実施状況を点検し、今後取り組むべき課題を抽出することを目的として、平成23年12月5日(月)に、専門家による「我が国の絶滅のおそれのある野生生物の保全に関する点検会議第2回会合」を開催します。会議は公開で行います。

1.日時

平成23年12月5日(月)13:30〜16:30

2.場所

経済産業省別館825号会議室
(東京都千代田区霞ヶ関1-3-1 経済産業省別館8F)

3.議事

1)
絶滅のおそれのある野生生物の保全対策状況について
2)
点検結果を踏まえた今後の絶滅のおそれのある野生生物の保全について
3)
その他

4.検討委員(五十音順 敬称略)(※は座長)

 石井 実
(大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 教授)
 磯部 力
(國學院大學 法科大学院 教授)
 藤井 伸二
(人間環境大学 人間環境学部 准教授)
 三橋 弘宗
(兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 講師)
※山岸 哲
(新潟大学 研究推進機構 超域学術院 特任教授/山階鳥類研究所名誉所長)
 吉田 正人
(筑波大学 人間総合科学研究科 准教授)

5.傍聴手続

 本会議は公開で開催します。
 傍聴をご希望の方は、下記要領に従ってお申し込みください。マスコミ関係の方で取材を希望される方も、同様に傍聴登録をお願いします。

申込要領

 表題に「我が国の絶滅のおそれのある野生生物の保全に関する点検会議」と明記し、
[1]氏名[2]住所[3]電話番号・FAX番号[4]勤務先[5]連絡先E-mailアドレスを記入の上、電子メール(shizen_yasei@env.go.jp)又はFAX(03-3581-7090宛)でお申し込みください。
申込〆切:平成23年11月29日(火)17時

会場の都合上、傍聴可能人数に限りがあります。申込者多数の場合は抽選とします。
傍聴可能な方には、11月30日(水)中に、メール等でご連絡いたします。
傍聴席が限られているため、取材の方を優先とさせていただきます。何卒ご了承ください。
取材の方でカメラ撮りをご希望の場合は、申込みの際、その旨を明記ください。なお、カメラ撮りは会議の冒頭のみとします。
会議資料については環境省のホームページ(http://www.env.go.jp/nature/yasei/tenken.html)に公開しております。
連絡先
環境省自然環境局野生生物課
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8283)
課長  :亀澤 玲治 (内線:6460)
課長補佐:堀内 洋  (内線:6475)
専門官 :荒牧 まりさ(内線:6462)
係長  :浪花 伸和 (内線:6469)

ページ先頭へ