自然環境・生物多様性

絶滅のおそれのある野生生物の保全に関する点検について

平成24年3月27日に絶滅のおそれのある野生生物の保全に関する点検の結果について取りまとめました。

添付資料

目的

 絶滅のおそれのある野生生物の保全について、これまでの政策の実施状況を点検し、今後取り組むべき課題を抽出することを目的とする。

点検の方法、体制

 点検に当たって、我が国に生息・生育する絶滅のおそれのある野生生物の他、国際的に協力して種の保存を図ることとされている絶滅のおそれのある野生生物も対象とする。その際、対象となる生物種及び検討する事項が多岐に渡るため、下記の2つのテーマに分けて点検会議を設置する。

我が国の絶滅のおそれのある野生生物の保全に関する点検会議

会議の目的

 環境省レッドリスト掲載の絶滅危惧種3,155種を対象に、関連する各種制度によるこれまでの保全の取り組みを点検し、今後取り組むべき課題を抽出することを目的とする。

検討委員 (五十音順、敬称略) 

石井 実
大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 教授
磯辺 力
国学院大学法科大学院 教授
藤井 伸二
人間環境大学 人間環境学部 准教授
三橋 弘宗
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 講師
山岸 哲
新潟大学 研究推進機構超域学術院 特任教授/山階鳥類研究所名誉所長
吉田 正人
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 准教授

会議資料、議事概要

(2)希少野生生物の国内流通管理に関する点検会議

会議の目的

 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)に基づき、 個体等の譲渡し等を規制している国際希少野生動植物種及び国内希少野生動植物種について、国内の流通管理の執行状況を点検し、今後取り組むべき課題を整理することを目的とする。

検討委員  (五十音順、敬称略)

石井 信夫
東京女子大学 現代教養学部 教授
石原 明子
公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン 広報準備室 室長
磯崎 博司 
上智大学 地球環境学研究科 教授
金子 与止男
岩手県立大学 総合政策学部 教授
小宮 輝之
東京都恩賜上野動物園 前園長
堀 浩 
アジア産野生生物研究センター 理事長

会議資料、議事概要

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ