報道発表資料

平成21年11月26日
自然環境
この記事を印刷

「アジア太平洋生物多様性観測のネットワーク推進のための国際会合」の開催について(お知らせ)

 2010年に生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が日本で開催されることを踏まえ、アジア太平洋地域での生物多様性観測の現状と課題を明らかにし、当該地域での生物多様性観測の強化とネットワーク化を図るため、12月10日(木)、11日(金)に、東京都渋谷区の国連大学で国際会合を開催します。
 本国際会合では、日本を含むアジア太平洋地域の17か国の研究者、生物多様性条約事務局(SCBD)、地球観測政府間会合生物多様性観測ネットワーク(GEO-BON)、生物多様性科学国際共同プログラム(DIVERSITAS)等からの講演や、当該地域の生物多様性観測のネットワーク構築の行動計画に関する検討が行われます。

1.目的

 本国際会合は、アジア太平洋地域の政府関係者、研究者、大学及び生物多様性科学国際共同プログラム(DIVERSITAS)、地球観測政府間会合生物多様性観測ネットワーク(GEO-BON)、生物多様性条約事務局(SCBD)等が参加し、既存の生物多様性情報の収集など、この地域の生物多様性観測ネットワーク(AP-BON)の具体的な活動の促進について、検討することを目的に開催されます。

2.開催概要

(1)日時
平成21年12月10日(木)10:00〜17:00
平成21年12月11日(金) 9:30〜17:00
(2)場所
国連大学エリザベス・ローズ国際会議場 (別紙1参照)
(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学構内)
(3)主催
GEO-BON(地球観測政府間会合生物多様性観測ネットワーク)日本委員会、
環境省
(4)プログラム
詳細は別紙2を御参照ください。
※使用言語は、全プログラム英語となります。
(5)募集定員
30名
(6)参加申込等
<参加申込み>
参加御希望の方は、下記の必要事項を明記のうえE-mail又はFAXにて、
下記申込先までお申込みください。(参加費無料)

■必要事項
[1]氏名
[2]所属
[3]FAXでお申込みの場合は、返信先のFAX番号
■申込み先
(株)サイマル・インターナショナル
E-mail:biodiversity@simul.co.jp
FAX:03-3524-3135
※お申込みを頂いた方には、受付番号をE-mail/FAXでお送りします。
※※お申込みが30名に達し次第、申込み終了とさせていただきます。

<問い合わせ先>
〒403−0005 山梨県富士吉田市上吉田剣丸尾5597−1
環境境省自然環境局生物多様性センター   担当者:鈴木、阪口
TEL:0555−72−6033  FAX:0555−72−6035
E-mail:webmaster@biodic.go.jp

本ワークショップの詳細は、以下のホームページアドレスでご覧いただけます。
http://www.biodic.go.jp/gbm/index.html

添付資料

連絡先
環境省自然環境局生物多様性センター
直通:0555-72-6033
代表:0555-72-6031
センター長:水谷 知生
総括企画官:阪口 法明
調査科主査:鈴木 真野

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ