報道発表資料

令和3年10月25日
地球環境
この記事を印刷

第17回ASEAN+3環境大臣会合の結果について

 令和3年10月22日(金)、ASEAN+3環境大臣会合がオンラインにて開催され、山口壯環境大臣が出席しました。
 山口大臣就任後初の多国間会合となる本会合では、「日ASEAN気候変動アクションアジェンダ」に基づく気候変動分野の取組や、「ASEAN+3海洋プラスチックごみ協力アクションイニシアティブ」に基づく海洋ごみ分野の日本の貢献について説明を行いました。

1.開催日

令和3年10月22日(金)

2.開催形式

オンライン形式

3.会議の概要

 (1)インドネシア・シティ議長及び日中韓3か国の代表の開会挨拶に続き、ASEAN+3の環境分野の取組と、日中韓それぞれのASEANの協力について報告された。

 (2)山口大臣からは、ASEAN+3の協力として、2018年に提唱された「ASEAN+3海洋プラスチックごみ協力アクションイニシアティブ」に基づく取組について報告された。また、日ASEANの協力として、「日ASEAN気候変動アクションアジェンダ」に基づく取組を共有するとともに、透明性・緩和・適応それぞれの分野で気候変動協力を強化していくことを提唱した。


添付資料

連絡先

環境省地球環境局国際連携課国際協力・環境インフラ戦略室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8248
  • 室長杉本留三(内線 6765)
  • 室長補佐辻景太郎(内線 7723)
  • 室長補佐川辺俊輔(内線 6761)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ