報道発表資料

平成29年9月14日
地球環境
この記事を印刷

第15回ASEAN+3環境大臣会合の結果について

 9月13日(水)、第15回ASEAN+3(日中韓)環境大臣会合がブルネイ・バンダルスリブガワンにて開催され、我が国からは、伊藤忠彦環境副大臣が出席しました。
 会合では、伊藤副大臣から、廃棄物・リサイクル分野をはじめとする様々な環境分野での協力を抜本的に強化するための「日ASEAN環境協力イニシアティブ」を提案するとともに、会合及び二国間のバイ会談において「環境インフラ海外展開基本戦略」に基づく二国間協力の推進を呼びかけ、ASEAN諸国から幅広い支持を得ました。

1. 開催日

 平成29年9月13日(水)

2. 開催場所

 ブルネイ・バンダルスリブガワン

3. 会議の概要

(1)会合には、ASEAN10カ国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)並びに日本、中国及び韓国の環境大臣等が出席した。ブルネイのバーリン開発大臣が議長を務めた。

(2)バーリン議長の開会挨拶に続き、日本、中国及び韓国からそれぞれステートメントが行われた。我が国からは伊藤副大臣が、これまでの日ASEAN環境協力の成果に言及しつつ、今後のASEAN諸国との協力を抜本的に強化するために、新たな包括的なイニシアティブとして「日ASEAN環境協力イニシアティブ」を提案した。

(3)その後、日本、中国及び韓国から、それぞれの国とASEANとの協力に関する報告が行われた。

○伊藤副大臣からは、以下の発言を行った。

  • 「日ASEAN環境協力イニシアティブ」として、日ASEAN統合基金(JAIF)を通じ、「ASEAN SDGs(国際連合 持続可能な開発目標)フロントランナー都市プログラム」等の取組を拡充・新設すること、また、新たに東アジア・ASEAN経済研究センター(ERIA)と連携し、循環経済・廃棄物・リサイクル分野の研究を開始する等により、ASEAN域内における循環型社会構築に向けて協力を進めること。
  • ASEAN各国との二国間協力についても、「環境インフラ海外展開基本戦略」に基づき、協力を推進すること。

○中国からは、中ASEAN環境協力戦略及び環境協力行動計画に関する活動の実施状況等について報告が行われた。

○韓国からは、韓ASEAN環境協力の進捗状況に関する活動報告及び、新たな韓ASEAN協力ファンドについて紹介が行われた。

(4)ASEAN各国からは、我が国が提案する「日ASEAN環境協力イニシアティブ」への支持が寄せられるとともに、現在進行中の個別の協力事業に対する感謝の意とERIAとの連携による循環経済分野の取組等の今後の協力の推進への期待が示された。

(5)次回のASEAN+3環境大臣会合は、2019年にカンボジアにおいて開催されることが確認された。

4. その他

 伊藤副大臣は、カンボジア、ベトナム、シンガポール、ブルネイ及びタイとバイ会談を行い、日ASEAN環境協力イニシアティブを説明し、各国からは同イニシアティブに対しての賛同が表明されるとともに、環境インフラ海外展開基本戦略に基づく今後の具体的な協力の進め方について期待が示され、引き続き事務レベルで調整を進めることに合意した。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局国際連携課国際協力室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8248
室長 杉本 留三(内線6765)
主査 有馬 牧子(内線6766)
担当 大越 貴陽(内線6761)
担当 大澤 晃一(内線7724)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ