報道発表資料

令和3年2月3日
自然環境
この記事を印刷

北海道における高病原性鳥インフルエンザ発生(野鳥国内34例目)に伴う野鳥緊急調査の結果について

北海道帯広市における死亡野鳥からの高病原性鳥インフルエンザウイルスの検出(野鳥国内34例目)を受けて、北海道が令和3年1月30日から2月1日の3日間、現地の野鳥の生息状況などの調査を実施したところ、野鳥の大量死等の異常は確認されませんでした。

1.調査期間

令和3年1月30日(土)~2月1日(月)

2.調査結果

北海道帯広市における死亡野鳥1羽(ハヤブサ)からの高病原性鳥インフルエンザウイルスの検出(野鳥国内34例目)を受けて指定した野鳥監視重点区域内にある渡り鳥の飛来地等9か所において、北海道が野鳥の生息状況調査、死亡野鳥調査等を実施した結果、野鳥の大量死等の異常は確認されませんでした

※2月1日に死亡野鳥(ハイタカ)1羽が回収されましたが、簡易検査の結果、陰性でした。

(参考)野鳥緊急調査で確認された鳥類(帯広市及び周辺町)

検査優先種※

種数

種類

検査優先種1

2種

ヒドリガモ、オオハクチョウ

検査優先種2

2種

マガモ、オナガガモ

検査優先種3

6種

カルガモ、カワアイサ、ホオジロガモ、タンチョウ、トビ、ハイタカ

合計

10種

  • 検査優先種:「野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る対応技術マニュアル」において、感染して死亡しやすい種を中心に設定しているものです(別紙参照)。

3.今後の対応

引き続き、野鳥監視重点区域において、野鳥の監視を継続します。

【参考情報】

環境省は、ホームページで高病原性鳥インフルエンザに関する様々な情報を提供しています。(http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/index.html

添付資料

連絡先

環境省自然環境局野生生物課鳥獣保護管理室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8285
  • 室長川越 久史(内線 6470)
  • 企画官立田 理一郎(内線 6465)
  • 係長中山 裕貴(内線 6474)
  • 担当宮澤 結有(内線 6477)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ