自然環境・生物多様性

高病原性鳥インフルエンザに関する情報

国内での野鳥における発生状況 / 国内での家きんにおける発生状況 / 海外における発生状況 / 国民の皆様へ / 地方公共団体等への通知 / マニュアル等 / 参考資料 / 関係報道発表等資料 / 海外の資料 / 関係省庁等リンク

環境省では、野鳥における高病原性鳥インフルエンザの監視活動を恒常的に行っています。

現在の対応状況について

【現在の対応レベル】

対応レベル1(通常時)(平成30年5月7日現在).pdf

対応レベル及び野鳥監視重点区域について(野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る対応技術マニュアル)[927KB]

国内での野鳥における鳥インフルエンザ発生状況への対応について

平成30(2018)年シーズンの野鳥の鳥インフルエンザ検査状況

※現時点での野鳥における確定検査陽性の確認件数:0件

番号都道
府県
場所種 名  回収日 簡易
 検査
遺伝子
検査
高病原性鳥インフルエンザウイルス確定検査野鳥監視重点
区域指定状況
1 岩手県 紫波町 オオハクチョウ

H31/3/8
回収

陽性

H31/3/13
鳥インフルエンザ(H11N9亜型)と判明
※高病原性ではない

H31/3/8指定

H31/3/13

14:00解除

※高病原性鳥インフルエンザウイルス陰性の案件については、番号の箇所を灰色に色づけしています。

国内での家きんにおける鳥インフルエンザ発生状況

平成28~29年シーズン

国民の皆様へ

地方公共団体等への通知

過去の通知

マニュアル等

参考資料

関係報道発表等資料

過去の報道発表

海外での高病原性鳥インフルエンザ発生状況について

アメリカ、イギリスにおける野鳥と鳥インフルエンザに関する資料

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ