報道発表資料

令和2年1月30日
自然環境
この記事を印刷

持続可能な森林経営のためのフォレストパートナーシップセミナーを開催します

令和2年2月14日(金)に、森林保全活動に関心のある企業やNGO/NPO等の方々を対象に「持続可能な森林経営のためのフォレストパートナーシップセミナー」を開催します。
本セミナーは、森林保全活動に関心のある企業や海外進出先での新たな社会貢献を模索している企業、また、企業との連携を目指しているNGOやNPOの方々に、互いに連携した森林保全活動を進めるためのヒントを掴んでいただくことを目的としています。

1.開催趣旨

 環境省では、持続可能な森林経営や森林保全に資する森林再生に関する理解を深めることを目的として、国内の企業を主な対象に、東南アジアにおける海外森林保全研修を実施してきました。今年度は、企業と教育関係者、NGO等から計10名の参加者が、マレーシア・サバ州においてアブラヤシ農園開発が進む地域の森林保全活動の現場と、野生生物との共存を目指すアブラヤシ農園を訪問しました。

 本セミナーでは、研修参加者より、ボルネオ島での経験と学び、企業や日本の教育機関が海外での森林保全活動に関わる際の課題等を発表していただき、森林保全活動やパートナーシップを進めるためのヒントを得ていただくことを目的としています。また、研修に同行したボルネオの野生動物専門家の安間繁樹先生より、ボルネオ島の生物多様性の豊かさを支える熱帯林とその現状について御講演いただきます。さらに、セミナーの終わりには、セミナー参加者の皆様と一緒に、森林保全と持続可能性に配慮した調達や、NGO/NPOとのパートナーシップを進めるためのヒントを得るためのディスカッションを予定しています。

 持続可能な森林経営に関心のある企業や、海外進出先での新たな社会貢献方法を模索している方、企業との連携を目指すNGO/NPOの皆様、ぜひ御参加ください。

2.セミナーの概要

  • 日時:令和2年2月14日(金)18:30~20:30(開場18:15)
  • 会場:日比谷図書文化館 小ホール スタジオプラス (東京都千代田区日比谷公園1-4) https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/#access
  • 東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線霞ヶ関駅より徒歩3分、都営地下鉄三田線内幸町駅より徒歩3分
  • 主催:環境省
  • 内容:

・講演「生物多様の宝庫―ボルネオ島の熱帯林」

講演者:安間繁樹氏/動物生態学者、元JICA野生生物調査専門家

・発表「ボルネオの熱帯林の保全と野生生物との共存を目指す農園視察」

発表者:研修参加企業・団体/企業3社、教育関係者1名(予定)

・質疑応答とディスカッション

3.参加費

 無料

4.申込方法

 下記URL上の申込フォーム、E-mail又はFaxで、本セミナー開催業務の受託者である地球・人間環境フォーラムまでお申し込みください。

申込フォームURL:https://ssl.form-mailer.jp/fms/1eb260e2410423

E-mail:event@gef.or.jp

FAX:03-5825-9737

※メール、Faxにてお申込の際は、表題に「環境省森林セミナー申込み」と明記し、本文に[1] 御氏名(ふりがな)、[2] 御所属、[3] 電話番号、[4] E-mailアドレスを御記入ください。

※参加希望者多数の場合は、先着順 (定員60名)とさせていただきます。参加の可否は、お申込み後にメールまたはFaxにてご連絡いたします。

※報道関係者及び当日の取材を御希望の方は、環境省自然環境局自然環境計画課まで事前に御連絡ください。

5.問合せ窓口

地球・人間環境フォーラム(担当:飯沼・坂本)
E-mail:event@gef.or.jp  URL:http://www.gef.or.jp/
TEL:03-5825-9735/ FAX:03-5825-9737

連絡先

環境省自然環境局自然環境計画課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8274
  • 課長植田 明浩(内線 6430)
  • 課長補佐伊豫田 望(内線 6432)
  • 担当伊藤 百合香(内線 6669)

関連情報

過去の報道発表資料

令和元年10月31日
国内企業のための海外森林保全研修の参加者募集について
ページ先頭へ