報道発表資料

令和元年8月2日
再生循環
この記事を印刷

低濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物の無害化処理に係る大臣認定について(株式会社かんでんエンジニアリング)

 株式会社かんでんエンジニアリングより申請のありました廃棄物処理法に基づく低濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物の無害化処理の認定申請について、大臣認定を行いました。

 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)の規定に基づき、低濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物について高度な技術を用いた無害化処理を行い、又は行おうとする者は、環境大臣の認定を受けることができることとされています。

 この度、下記の者からの申請に基づき、8月2日付けで認定を行いました。

1.認定取得者

(1)住所、名称、代表者の氏名

 大阪市北区中之島六丁目2番27号

 株式会社かんでんエンジニアリング 代表取締役 青嶋 義晴

(2)施設設置場所

 北海道三笠市西桂沢92番6

 宮城県柴田郡柴田町大字富沢字井戸神26番2

 福島県いわき市小名浜字渚1番1

 福井県大野市長野11字堂ケ平1番及び26番

 福井県三方郡美浜町丹生58号西島1番、60号北島1番及び66号川坂山6番

 福井県大飯郡おおい町大島1字吉見1番1

 長野県木曽郡木曽町三岳10840番2地先

 岐阜県飛騨市河合町大谷字せんのそ口269番2

 滋賀県大津市大江五丁目字権現674番

 滋賀県大津市南郷三丁目字師匠野625番、641番3、630番及び641番並びに字平津東山670番4

 滋賀県甲賀市水口町春日字薑谷2613番1

 京都府京都市伏見区横大路三栖池田屋敷町2番

 京都府京都市西京区大原野外畑町81番及び84番

 大阪府大阪市西淀川区福町三丁目12番5及び17番1

 大阪府堺市堺区石津北町26番、27番、29番、30番、37番、38番及び39番

 大阪府堺市堺区三宝町七丁349番2、349番3及び350番1

 大阪府高槻市大字萩谷8番1

 大阪府河内長野市松ヶ丘中町1472番1

 大阪府大東市中垣内五丁目255番1

 大阪府和泉市室堂町669番2、674番1及び674番51

 大阪府箕面市大字粟生間谷2897番4及び2897番5

 大阪府柏原市大字雁多尾畑3651番1

 大阪府門真市古川町70番1

 兵庫県加古川市平荘町西山字山ノ根341番

 奈良県生駒市北田原町1775番1

 奈良県生駒郡安堵町大字窪田634番5

 奈良県吉野郡十津川村大字小原1番4

 和歌山県新宮市下田二丁目4361番、4362番及び4015番2

 和歌山県紀の川市貴志川町北字坊垣内922番8 

 岡山県倉敷市潮通三丁目10番8及び10番18

(3)施設の種類

 ポリ塩化ビフェニル汚染物の洗浄施設

(4)処理を行う廃棄物の種類

 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令(昭和46年政令第300号)第2条の4第5号ロに規定するポリ塩化ビフェニル汚染物のうち、電気機器又はOFケーブル(ポリ塩化ビフェニルを絶縁材料として使用した電気機器又はOFケーブルを除く。)に使用された絶縁油であって、微量のポリ塩化ビフェニルによって汚染されたものが塗布され、染み込み、付着し、又は封入されたものが廃棄物となったもの

(5)処理の方法

 洗浄(溶剤循環洗浄法(常温条件))

(6)処理能力

 洗浄施設1基につき、変圧器(抜油済みであって、(4)に掲げるものに  限る。)を最大1台/日

2.認定年月日

 令和元年8月2日

3.認定番号

 令和元年第3号

4.その他

 低濃度PCB廃棄物に係る無害化処理認定に関する情報については、以下のアドレスを参照してください。

 http://www.env.go.jp/recycle/poly/facilities.html

連絡先

環境省環境再生・資源循環局廃棄物規制課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-6457-9096
  • 課長成田浩司(内線 6871)
  • 主査林 実(内線 6876)
  • 担当奈良祐一(内線 6880)
ページ先頭へ