報道発表資料

令和元年6月7日
再生循環
この記事を印刷

~全国4,800店舗での"消費行動=環境行動"~選ぼう!3Rキャンペーン2018!資源削減試算量を発表!

 環境省では、「第四次循環型社会形成推進基本計画」に基づき、小売事業者及びメーカーと連携した取組「選ぼう!3Rキャンペーン」を実施しています。
 この取組は、消費者一人ひとりが、お買いものを通じて3Rや資源の大切さを認識・共感し、日頃の消費行動へ結びつけてもらうことを目的とした、環境省初プロデュースの消費者キャンペーンです。
 2年目となった昨年(2018年)は、参加メーカーや実施店舗などが、前年(2017年)より大幅にスケールアップし、全国およそ4,800店舗で実施しました。
 このたび、キャンペーン期間中の対象商品の購入数などから、3R行動数や選択・消費行動により削減された資源の試算量などについて、とりまとめましたのでお知らせします。

1.消費行動を環境行動に!"選ぼう!3Rキャンペーン2018"

 環境省では、「第四次循環型社会形成推進基本計画」(平成30年6月閣議決定)に基づき、ライフサイクル全体の最適化を図るために、消費者に近い事業者として特に主導的な取組が期待される小売事業者及びメーカーと連携した取組「選ぼう!3Rキャンペーン」を実施しています。

 この取組は、消費者一人ひとりが、お買いものを通じて3R(※)や資源の大切さを認識・共感し、日頃の消費行動(商品選択)へ結びつけてもらうことを目的とした、環境省初プロデュースの消費者キャンペーンです。

 2年目の開催となった昨年(2018年)は、「リデュース」につながる省資源商品や「リサイクル」などに関連した商品などを中心に、参加メーカー11社、スーパー、ドラッグストアなど全国約4,800店舗と、前年(2017年)から大幅にスケールアップして、9月1日から11月30日まで実施しました。 

 このたび、キャンペーン期間中に全国の皆さまが購入された対象商品の数などから、リユースやリサイクルなどの3R行動数と、削減された資源の試算量をとりまとめましたので発表します。

 また、キャンペーン参加者からのアンケート結果も併せて発表します。

(※3R・・・リデュース:ごみの発生抑制、リユース:再使用、リサイクル:再生利用)

  ○ 実施期間 :2018年91日~1130

  ○ 専用サイト:http://www.re-style.env.go.jp/3r-campaign/2018/

2.(参考)Re-Styleパートナー企業

 環境省では、Re-Style事業の活性化に向けて、昨年(2018年)3月に、新たなパートナーシップ"Re-Styleパートナー企業"を発足させました。

 Re-Styleパートナー企業は、環境省が推進するRe-Style事業を通じて、環境省と民間企業が継続的に連携し、公共予算のみに依存せず、官民が継続してそれぞれの事業の中で相互に支援し合い、消費者(国民)に向けて、"資源の大切さ"や"3R"への理解と共感を広げ、3R行動を促進していく新たなパートナーシップ"制度です。

 協定を結んだ企業と環境省は、同事業で発信する企画や、3R推進月間(毎年10月)を中心に環境省が主催する消費者キャンペーン「選ぼう!3Rキャンペーン」や「Re-Style商品」(詳細は下記3参照)などの活用等を通して、相互に連携協力し、消費者(国民)に対して、"資源の大切さ"や"3R"への理解と共感を広げていくとともに、事業活動等においても"3R"への態度変容と行動喚起の促進を図ることで、循環型社会の構築に向けた取組を相互に支援していきます。

3.(参考)"Re-Style商品"

 環境省においても、各社の活動をRe-Style事業を通じてPRするとともに、パートナー企業各社の商品に活用いただくための「Re-Style商品」マークを限定提供し、その活動を支援しています。(※)

 (※)「Re-Style商品」マークは、パートナー企業の商品のうち、リデュース(省資源)につながる商品や

     リサイクル商品など、消費者の3R行動に結びつく商品に対して掲示することで、消費者に対して、

     環境行動(3R行動)につながる消費選択を提案するものです。

連絡先

環境省環境再生・資源循環局総務課循環型社会推進室

  • 直通03-5521-8336
  • 室長補佐田中道雄(内線 6807)
ページ先頭へ