報道発表資料

平成31年4月23日 この記事を印刷

「農薬危害防止運動」の実施について

環境省は、厚生労働省、農林水産省等と共同で、農薬の使用に伴う事故・被害を防止するため、農薬の安全かつ適正な使用や保管管理、環境への影響に配慮した農薬の使用等を推進する「農薬危害防止運動」を6月から8月にかけて実施します。

1.農薬危害防止運動の目的

 農薬取締法、毒物及び劇物取締法等の関係法令に基づき、農薬の安全かつ適正な使用や保管管理、環境への影響に配慮した農薬使用、農薬の適正販売等について周知を徹底することにより、農薬の使用に伴う人畜への危害を防止することを目的に、農薬危害防止運動を実施します。

本年度は「農薬を知る。理解する。適正に使う。」を共通テーマとし、重点的に指導すべき項目を掲げることで、これまで以上に農薬の適正使用の周知徹底を行います。

2.実施期間

原則として、2019年6月1日(土)から同年8月31日(土)までの3か月間

3.実施事項

主な実施事項は以下のとおりです。

(1)農薬及びその取扱いに関する正しい知識の普及啓発

(2)農薬による事故を防止するための指導等

(3)農薬の適正使用等についての指導等

(4)農薬の適正販売についての指導等

(5)有用生物や水質への影響低減のための関係者の連携

4.実施主体

環境省、農林水産省、厚生労働省、都道府県、保健所設置市及び特別区。

また、農薬の使用現場においては、関係団体等が一体となって運動を推進します。

連絡先

環境省水・大気環境局土壌環境課農薬環境管理室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8311
  • 室長浜谷 直史(内線 6595)
  • 室長補佐服部麻友子(内線 6597)
  • 担当野口 創(内線 6595)
ページ先頭へ