報道発表資料

平成31年3月19日
地球環境
この記事を印刷

平成31年度大規模潜在エネルギー源を活用した低炭素技術実用化推進事業のうち潮流発電技術実用化推進事業の公募について

 この度、平成31年度大規模潜在エネルギー源を活用した低炭素技術実用化推進事業のうち潮流発電技術実用化推進事業の公募を開始することとなりましたので、お知らせします。

1.事業の概要

 海洋エネルギー発電の実用化は、再生可能エネルギーの導入を推進し、地球温暖化対策を強化していくために重要な取組です。特に、海洋エネルギー発電の中でも、早期の実用化が期待される潮流発電について、我が国の海域に適した技術及びシステムを確立することが重要と考えられます。

 このため、本事業では、我が国の海域に適し、普及可能性が高く、かつ、環境影響も小さい潮流発電の開発及び実証を行い、再生可能エネルギーの導入量の拡大とエネルギー起源CO2の削減を更に進めることを目指します。

2.公募実施期間

 平成31年3月19日(火) ~ 平成31年4月19日(金)17時

3.対象等

 対象:民間企業 等

 内容:委託

4.予算及び実施期間

 採択当初年度は原則9億円を上限として採択します。実施期間は原則平成31年度(2019年度)末までとします。

5.応募方法

 本事業へ応募される場合には、下記の環境省ホームページから本事業の応募様式等をダウンロードし、公募要領・作成要領にしたがって必要事項を記載の上、所定の方法で提出してください。

環境省ホームページ「地方公共団体・事業者向け支援事業」

http://www.env.go.jp/earth/ondanka/biz_local.html

「平成31年度大規模潜在エネルギー源を活用した低炭素技術実用化推進事業のうち潮流発電技術実用化推進事業の公募について」

http://www.env.go.jp/earth/ondanka/biz_local/30_a46/tidal/30.html

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8339
  • 室長相澤 寛史(内線 6771)
  • 室長補佐日坂 仁(内線 7725)
  • 担当中田 貴文(内線 7726)
ページ先頭へ