報道発表資料

平成30年12月25日
地球環境
この記事を印刷

日本・ベトナム環境ウィークの開催について

 環境省は、ベトナム天然資源環境省と共催で、1月9日(水)~1月11日(金)の間、ハノイ(ベトナム)において、「日本・ベトナム環境ウィーク」を開催します。この中では、①天然資源環境省との「日本・ベトナム環境政策対話」、②我が国企業技術を紹介する「環境インフラ技術セミナー」、③二国間クレジット制度ワークショップ等のイベントを同時に開催します。

1.背景

 環境省は、昨年7月に「環境インフラ海外展開基本戦略」(※)を策定し、途上国における環境分野でのインフラの普及に戦略的に取り組むこととしています。

※環境インフラ海外展開基本戦略の策定について(平成29年7月25日付け報道発表)

http://www.env.go.jp/press/104372.html

 今回、その一環として、ベトナム天然資源環境省との共催による、「日本・ベトナム環境ウィーク」を開催いたします。この期間中、政策レベルの協議から、民間企業が有する環境技術の紹介、実務レベルのワークショップなど、環境関係のイベントを連続して開催することにより、我が国が有する環境技術やノウハウを集中的に先方関係者と共有することを通じて、ベトナムにおける環境インフラの普及を促進することを目的としています。

2.概要

 1月9日から11日までの間、政策対話、環境インフラ技術の紹介、ビジネスマッチング、個別分野のワークショップ等を開催します。

① 第5回日本・ベトナム環境政策対話(1月9日(水))

 両国の環境担当当局間で今後の協力等について対話を行うものです。

 出席者:環境省、天然資源環境省

② 環境インフラ技術セミナー(1月10日(木))

 我が国が有する様々な環境技術や、その技術を移転するに当たっての両国の都市間協力に関する取組を紹介するセミナーを開催するとともに、参加者間が個別に相談できるビジネスマッチングを行うものです。

 出席者:環境省、天然資源環境省、自治体、民間事業者 他

③ 個別分野のイベント等(1月11日(金))

 「日本・ベトナム環境ウィーク」として、次のワークショップ等を開催します。

  • 二国間クレジット制度ワークショップ~ベトナムにおける低炭素開発に向けた民間セクター参画の推進~

  • 公害防止のための国際環境協力ワークショップ

  • ベトナム主要都市での低炭素シナリオ策定等支援から見た環境インフラ展開に関するセミナー

  • 廃棄物管理及び3Rに関するベトナム天然資源環境省-日本国環境省合同委員会

  • 適切な緩和行動ワークショップ

※なお、②③については以下に案内を掲載しておりますので、ご参照下さい。

https://www.oecc.or.jp/files/flyer_vietnamJW_jp.pdf

連絡先
環境省地球環境局国際連携課国際協力・環境インフラ戦略室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8248
室  長    杉本 留三 (内 6765)
国際協力専門官 東海林 珠代(内 7723)
係  長    早坂 寿人 (内 6723)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ