報道発表資料

平成30年12月21日
再生循環
この記事を印刷

平成30年度産業廃棄物処理業の振興方策に係る普及啓発シンポジウムの開催について

 産業廃棄物処理業は、地域社会と連携しつつ、地域の雇用創出や、地域経済の発展、地域循環圏の構築等に貢献することが社会的要請となっており、さらに環境制約や資源制約が顕在化する今日においては、動脈産業への原燃料供給や再生可能エネルギーの創出の担い手となる等の新たな役割が求められています。
 こうした状況を背景として、環境省では平成27年度より産業廃棄物処理業の振興方策の検討を進め、平成28年度に「産業廃棄物処理業の振興方策に関する検討会」において、「産業廃棄物処理業の振興方策に関する提言」(以下「提言」といいます。)を取りまとめ、平成29年度に全国5都市でシンポジウムを開催し提言の普及を図ったところです。
 この度、昨年度に引き続き、提言に係る普及啓発として4都市でシンポジウムを開催します。

1.会場案内

(1)札幌会場

 日時:平成31年1月30日(水)13時00分~16時00分(12時30分開場)

会場:TKP札幌カンファレンスセンター/カンファレンスルーム6B

 定員:80名

(2)大阪会場

 日時:平成31年2月6日(水)13時00分~16時00分(12時30分開場)

会場:TKP大阪駅前カンファレンスセンター/カンファレンスルーム15B

 定員:100名

(3)高松会場

 日時:平成31年2月12日(火)13時00分~16時00分(12時30分開場)

会場:高松センタービル/501号室

 定員:80名

(4)広島会場

 日時:平成31年2月13日(水)13時00分~16時00分(12時30分開場)

会場:TKP広島本通駅前カンファレンスセンター/カンファレンスルーム5C

 定員:80名

2.開催地の登壇者

開催地

有識者

産廃処理業者等

札幌会場

慶應義塾大学経済学部

教授 細田衛士

① 環境開発工業(株)

② (株)北清

大阪会場

京都大学地球環境学堂

准教授 浅利美鈴

① (株)レックス

② グッドホールディングス(株)

高松会場

京都大学地球環境学堂

准教授 浅利美鈴

① (株)富士クリーン

② オオノ開發(株)

広島会場

北九州市立大学国際環境工学部

教授 松本亨

① (株)中特ホールディングス

② (株)オガワエコノス

3.開催次第

タイムテーブル(3時間)

次第

13:00~13:10(10分)

開会挨拶

13:10~13:25(15分)

提言に関する説明

13:25~14:15(50分)

基調講演

14:15~14:30(15分)

先進事例紹介①

14:30~14:45(15分)

先進事例紹介②

14:45~15:00(15分)

休憩

15:00~16:00(60分)

パネルディスカッション

4.主催及び事務局(お問合せ窓口)

   主 催:環境省

事務局(お問合せ窓口)

株式会社サティスファクトリー

   電 話:03-5542-5465 FAX:03-5542-5303

E-mail:symposium@sfinter.com

    

5.関連資料

平成30年度産業廃棄物処理業の振興方策に係る普及啓発シンポジウム(チラシ)

産業廃棄物処理業の振興方策に関する提言

連絡先
環境省環境再生・資源循環局廃棄物規制課
代 表 03-3581-3351
直 通 03-5521-9274
課 長 成田 浩司(内線 6871)
主 査 服部 弘 (内線 7859)
担 当 高橋 隆志(内線 6878)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ