報道発表資料

平成30年9月3日
総合政策 地球環境
この記事を印刷

第19回日中韓環境教育ネットワーク(TEEN19)シンポジウムの開催について

 10月6日(土)~8日(月)に福岡県北九州市において、第19回日中韓環境教育ネットワーク(TEEN※1)を開催することといたしました。TEENは「環境共同体意識の向上」を図るため、日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM※2)の下に合意された共同プロジェクトの1つです。
 10月7日(日)開催のシンポジウムは一般公開とし、キャスターの国谷裕子氏による基調講演等を行う予定です。
※1 TEEN:Tripartite Environment Education Network
※2 TEMM:Tripartite Environment Ministers Meeting

1.背景と目的

 平成12年2月、北京で開催された第2回日中韓三カ国環境大臣会合において、「環境共同体意識の向上」を図るための三カ国協力プロジェクトを形成、推進していくことが決定されました。これを受け、特に市民レベルの環境共同体意識の向上を具体化するプロジェクトとして、三カ国で「環境教育ネットワーク」を構築することが合意されました。本シンポジウムは、三カ国の環境教育専門家等により、日中韓の多様な主体による環境教育ネットワークを推進し、さらに環境教育に関して意見を交換することを目的としています。本シンポジウムは一般公開とし、ESDを進めるために重要な多様な主体による持続可能な地域づくりをテーマに基調講演や各国からの事例紹介を行い、これからどのようにESDを推進し、SDGsにいかに貢献していくか等について話し合います。

2.主催

 環境省、TEEN

3.日程

 平成30年10月7日(日)

 13:30~17:00(受付:13:00)

4.共催

 北九州市、北九州ESD協議会

5.場所

 北九州国際会議場メインホール(福岡県北九州市小倉北区浅野3-9-30)

6.プログラム概要

 テーマ:多様な主体による持続可能な地域づくり―SDGsの達成に向けて―

 概要:元NHK「クローズアップ現代」キャスターの国谷裕子さんによる基調講演、日中韓からの事例報告、

    パネルディスカッションなど。

7.使用言語

 英語(日本語・中国語・韓国語への通訳有)

添付資料

連絡先
環境省大臣官房環境経済課環境教育推進室
代表 03-3581-3351
室長   河野 通治(内線6240)
室長補佐 田代 久美(内線6262)
担当   藤井 裕介(内線6273)

環境省地球環境局国際連携課国際協力・環境インフラ戦略室
代表 03-3581-3351
室長   杉本 留三(内線6765)
室長補佐 永長 大典(内線6764)
係長   荒堀 孔介(内線6761)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ