報道発表資料

平成30年7月26日
地球環境
この記事を印刷

環境省若手職員による政策提言について「脱炭素イノベーションへの挑戦 ~目の前のリスクをチャンスに変える、発想の転換で未来を築く~」の公表

 環境省は、将来、行政の中枢を担う若手有志メンバーがとりまとめた政策提言「脱炭素イノベーションへの挑戦 ~目の前のリスクをチャンスに変える、発想の転換で未来を築く~」を公表します。
若手有志メンバーが部局の枠を超え、自由かつ大胆な発想で今後必要な政策について、昨年夏以降、議論を重ね、7月23日、本政策提言が中川環境大臣へ手交されました。

1.概要

 環境省では、将来、行政の中枢を担う若手有志メンバーが部局の枠を超え、2050年温室効果ガス80%削減や脱炭素社会構築のためには、今まさに具体的な取組を開始しなければ間に合わない、という強い危機意識の下、自由かつ大胆な発想で今後必要な政策について、昨年夏以降、議論を重ねてきました。

 今般、これまでの検討結果がとりまとめられましたので、公表します。

2.公表資料

環境省若手職員による政策提言「脱炭素イノベーションへの挑戦 ~目の前のリスクをチャンスに変える、発想の転換で未来を築く~」

 ・政策提言本体:別紙1

 ・政策コンセプトイメージ:別紙2

別紙1、2は下記のURLよりご覧ください。

  http://www.env.go.jp/press/105779.html

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
直通 03-5521-8249
代表 03-3581-3351
課長補佐 井上 有希子 (内線6788)

環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室
直通 03-5521-8339
代表 03-3581-3351
室長補佐 河田 陽平  (内線6769)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ