報道発表資料

平成30年4月3日
再生循環
この記事を印刷

~環境省初プロデュース消費者キャンペーン~「選ぼう!3Rキャンペーン」等における資源削減量などの集計結果を発表!

 環境省では、昨年(2017年)9月から11月にかけて、3Rの取組の促進を目的とした消費者キャンペーン「選ぼう!3Rキャンペーン」を全国1,000店舗以上で実施しました。
 環境省初となるこの取組は、お買いものを通じて、消費者一人ひとりが、3Rや資源の大切さを認識・共感し、日頃の行動(商品選択)へ結びつけることを目的としたものです。
 このたび、キャンペーン期間中の対象商品の購入数などから、3R(リユース等)行動数や選択・消費行動により削減された資源の量などについてとりまとめましたのでお知らせします。

1.「選ぼう!3Rキャンペーン」での資源削減量等

 環境省では、昨年(2017年)9月から11月にかけて、3Rの取組の促進を目的とした消費者キャンペーン「選ぼう!3Rキャンペーン」を全国1,000店舗以上で実施しました。

 環境省初となるこの取組は、リデュースにつながる詰替製品等の省資源商品やリサイクル製品などをキャンペーン対象商品として、日常のお買いものを通じて、消費者一人ひとりが、3Rや資源の大切さを認識・共感し、消費行動(商品選択)へ結びつけることを目的としたもので、卸売業者株式会社あらたの協力のもと、大手メーカー5社と複数の流通企業の連携により実現しました。

 このたび、キャンペーン期間中に全国の皆さまが購入された対象商品の数などから、リユースやリサイクルの行動数を算出しました。

 また、選択・消費行動により削減された資源量についてもとりまとめましたので、集計結果を発表いたします。

2.3R促進イベント「Re-Style FES!」での資源削減量等

 環境省では、平成29年7月から平成30年2月にかけて、限りある資源の重要性と3Rの取組促進を目的とした「Re-Style FES!」(以下「同イベント」という。)を全国7カ所で開催しました。

 同イベントは、日本唐揚協会と連携し、同協会が主催する大型グルメイベント「からあげフェスティバル」等(以下、「グルメイベント」という。)との共同開催として実施することで、より多くの来場者に対して資源の重要性や3Rに関する情報発信を実施してきました。

 また、より多くの来場者に資源の重要性や3R行動などについて理解を深めていただく参加型企画として、同グルメイベントにおいて通常使用される使い捨て容器を削減することを目的とした、リユース食器の配布・利用の呼びかけを実施しました。

 このたび、同イベントの各会場でのリユース食器利用数から、リユース行動数と削減された資源量について算出しましたので、集計結果を発表いたします。


3.(ご参考)Re-Styleとは・・

 環境省では、循環型社会のライフスタイルを「Re-Style」として提唱して、その活動や取組の浸透を呼びかけています。

 また、3Rや限りある資源の大切さを多くの皆様に知ってもらうため、様々なコンテンツを発信する環境省Webサイトの名称としても活用し、全国で一体感をもった取組として推進しています。

 「限りある資源を未来につなぐ。今、僕らにできること。」を、キーメッセージに「3R」(リデュース(ごみの発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再生利用))の取組を多くの方々に知ってもらい、自分たちの暮らしに取入れてもらうよう、環境の面だけではなく、歌やダンス、アニメや動画などのサブカルチャーなどと連携したコンテンツを発信し、楽しみながら3Rについて知り、循環型社会のライフスタイル「Re-Style」をはじめていただけるような情報をお届けしている取組みです。さらに、全国のスーパー、ドラッグストアなどで展開する3Rの取組を促進する消費者キャンペーン「選ぼう!3Rキャンペーン」や、全国7カ所で開催する3R行動促進イベント「Re-Style FES!」などとも連動し、幅広い取組を実施しています。

連絡先
環境省環境再生・資源循環局総務課循環型社会推進室
担当者:田中道雄
電 話:03-5521-8336

ページ先頭へ