報道発表資料

平成29年8月8日
自然環境
この記事を印刷

「生物多様性アクション大賞 2017」環境大臣賞・農林水産大臣賞創設のお知らせ

 「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)は、「生物多様性アクション大賞2017」の募集を9月18日(月・祝)まで行っています。
 5回目の開催となる本年は、新たに環境大臣賞及び農林水産大臣賞を設けます。
 「大臣賞」は5つの部門(たべよう、ふれよう、つたえよう、まもろう、えらぼう)で選ばれた「優秀賞」受賞者によるプレゼンテーションを経て決定します。
 多くの皆様の御応募をお待ちしています。

1 「生物多様性アクション大賞 2017」募集概要

応募期間:平成29年7月15日(土)~9月18日(月・祝)

応募方法:「生物多様性アクション大賞」特設ページ(下記URL)より応募ができます。

URL: http://5actions.jp/award/

 ※詳細については、平成29年7月14日(金)の環境省報道発表資料をご覧ください。

URL:http://www.env.go.jp/press/104309.html

2 大臣賞の選定プロセス

応募頂いた皆さまの取組は、5つの部門ごとに審査し、各部門における「優秀賞」を選定します。授賞式当日に「優秀賞」受賞者のプレゼンテーションを実施し、環境大臣賞及び農林水産大臣賞を1点ずつ決定し表彰します。

<選考スケジュール予定>

 ①募集:平成29年7月15日(土)~9月18日(月・祝)

 ②一次審査:平成29年10月初旬

 ③二次審査:平成29年10月下旬

 ④各賞発表:平成29年11月

 ⑤授賞式(大臣賞審査):平成29年12月8日(金)

 ⑥大臣賞受賞者によるプレゼンテーション:平成29年12月9日(土)

3 問い合わせ先

*一般からのお問い合わせ:

 生物多様性アクション大賞事務局 担当:木村
 Tel: 03-5256-6770  E-mail: award@cepajapan.org

*報道関係者からのお問い合わせ:
 生物多様性アクション大賞 広報事務局 (サンカルパ内) 担当:梶原

 E-mail: press@cepajapan.org

【参考】

○生物多様性アクション大賞

 「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)が推進している「MY行動宣言5つのアクション(たべよう、ふれよう、つたえよう、まもろう、えらぼう)」を参考に、5つのアクションに即した活動を表彰するものです。

 全国各地で行われている5つのアクションに貢献する団体・個人の取組を表彰し、積極的な広報を行うことにより、生物多様性の主流化を目指します。活動規模の大小を問わず、あらゆるセクターに「生物多様性の自分ごと化」を促し、「国連生物多様性の10年」の広報・教育・普及啓発活動の一つとして、またCOP10で採択された「愛知目標」達成の一助として実施します。

○「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)

 2011年から2020年までの10年間は、国連の定めた「国連生物多様性の10年」です。生物多様性条約第10回締約国会議(2010.10愛知県名古屋市)で採択された、新たな世界目標である「愛知目標」の達成に貢献するため、国際社会のあらゆるセクターが連携して生物多様性の問題に取り組むこととされています。

 これを受け、愛知目標の達成を目指し、国内のあらゆるセクターの参画と連携を促進し、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する取組を推進するため、「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)が2011年9月に設立されました。環境省はUNDB-Jの事務局を努めています。

(ウェブサイト)http://undb.jp/

(Facebookページ)https://www.facebook.com/UNDBJ

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性主流化室
代表  03-3581-3351
直通  03-5521-9108
室長   西山 理行 (内6661)
室長補佐 西田 将人 (内6662)
担当   野口 智彬 (内6490)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ