報道発表資料

平成29年3月9日
自然環境
この記事を印刷

耶馬日田英彦山国定公園(福岡県地域)の公園計画の変更に関する意見の募集(パブリックコメント)について

 耶馬日田英彦山国定公園(福岡県地域)の公園計画を変更することについて、皆さまから御意見を募集します。

1 背景

 耶馬日田英彦山国定公園は、福岡県、大分県及び熊本県の三県に跨り、区域は英彦山、耶馬渓、筑後川、日田、万年山、杖立の一帯で、溶岩台地(メーサ)、溶岩浸食山地(ビュート)及び浸食渓谷の山岳並びに筑後川、日田等の総合景観により形成され、昭和25年7月29日に指定されました。このうち、福岡県地域については平成14年10月11日に全般的な見直し(再検討)が行われ、現在に至っています。

 福岡県地域の英彦山及び犬ヶ岳地区については、信仰の山として有名な英彦山・犬ヶ岳・求菩提山等からなり、福岡県レッドデータブックに登載されている絶滅危惧植物が多数生育しているほか、福岡県レッドデータブックカテゴリーⅡに位置づけられているブナ群落が見られるなど、生物多様性が豊かな地域です。

 しかし、平成3年の台風19号をはじめとする自然災害に加え、近年、生息数の増加とともに生息域も拡大しているニホンジカの食害により、絶滅危惧植物の個体数の減少やブナ群落をはじめとする森林の疎林化や草原化、また林床植生の貧弱化など植生の衰退が進むなど、貴重な生態系への影響が深刻化しています。

 このため、現状の調査を実施するとともにシカの防除、植生の保護等の対策を早急に行う必要があることから、生態系維持回復計画の追加を内容とする公園計画の変更(一部変更)を行います。

2 意見提出手続

(1)問い合わせ先

 環境省自然環境局国立公園課

  住所 東京都千代田区霞が関1-2-2

  電話 03-5521-8279

 福岡県環境部自然環境課

  住所 福岡県福岡市博多区東公園7-7

  電話 092-643-3369

(2)意見を募集する内容

 耶馬日田英彦山国定公園(福岡県地域)の公園計画の変更案

(資料「耶馬日田英彦山国定公園(福岡県地域)公園計画変更書(環境省原案)」参照)

(3)資料(変更案)の入手方法

 変更案及びその概要は、環境省ホームページ(http://www.env.go.jp/press/index.php)に掲載するとともに、(1)の問い合わせ先で閲覧することができます。

(4)提出期間

 平成29年3月9日(木)から4月7日(金)までの30日間

(5)御意見の提出方法  

 御意見は次の方法により御提出願います。(※電話での御意見は受けかねますので御了承ください。)

<提出先> 環境省自然環境局国立公園課

① 郵送の場合 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 ※締め切り日当日消印まで有効

② FAXの場合 03-3595-1716

③ 電子メールの場合 shizen-kouen@env.go.jp

※御意見の内容はメール本文に記載して送付してください。添付ファイルに御意見を記載して提出することは、御遠慮ください。

<御意見の提出に関する共通留意事項>

・件名に必ず、「耶馬日田英彦山国定公園(福岡県地域)の公園計画変更への意見」と記載してください。

・本文の様式は問いません。

・御意見の提出者の住所、氏名(団体の場合は団体名)、電話番号・FAX番号・メールアドレスを御記入ください(これらの記入がないものは無効となります)。

・いただいた御意見の内容は氏名、住所、電話番号等個人情報に関する事項を除き、公表を前提としておりますので、あらかじめ御了承願います。

3 公園計画変更案の概要

項目

概要

公園計画の変更

事業計画の変更

・生態系維持回復計画の追加

※公園計画については、 http://www.env.go.jp/park/about/history.html を参照。

4 提出された御意見の取扱い

 提出された御意見につきましては、その概要とそれに対する対応方針を取りまとめて公表します。

5 今後の主なスケジュール(予定)

 平成29年3月9日   パブリックコメント開始

     5月上旬   パブリックコメントの結果を公表・環境省案作成

     6月~7月  中央環境審議会 諮問・答申

     8月~9月  官報告示

添付資料

連絡先
環境省自然環境局国立公園課
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8279
課長   岡本 光之(内6440)
課長補佐 河野 通治(内6650)
専門官  小林 誠 (内6694)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ