報道発表資料

平成29年2月16日
地球環境
この記事を印刷

業務用等建築物のための「エコチューニング」シンポジウム~低炭素社会の実現に向けた業務部門のCO2削減対策~の開催について

 環境省では、低炭素社会の実現に向けて、業務用等建築物の「エコチューニング」※により削減された光熱水費から収益を上げるビジネスモデルの確立を目指しており、平成26年度から「エコチューニングビジネスモデル確立事業」を実施しています。
 今年度は事業最終年度として、これまでの事業の成果をとりまとめ、エコチューニングの今後の展望について議論するため、シンポジウムを開催します。

1.開催趣旨

 我が国の温室効果ガス総排出量は1990年度から大幅に増加している一方で、「地球温暖化対策計画(平成28年5月13日閣議決定)」において2030年度に2013年度比26%削減することとしており、特に業務部門は約4割削減する見通しを立てていることから、効果的な削減対策の実施が喫緊の課題となっています。

 そこで環境省では、低炭素社会の実現に向けて、業務用等建築物の「エコチューニング」により削減された光熱水費から収益を上げるビジネスモデルを確立するため、平成26年度から「エコチューニングビジネスモデル確立事業」を実施しています。

 本シンポジウムでは、事業最終年度の総仕上げとして、これまでの成果や先進事例等から、エコチューニングによるCO2削減やコスト削減等の効果、認定制度やビジネスモデルの概要、関連する国内施策等をご紹介します。また、パネルディスカッションにおいてはエコチューニングの今後の展望について議論を行います。

※「エコチューニング」とは、低炭素社会の実現に向けて、業務用等の建築物から排出される温室効果ガスを削減するため、建築物の快適性や生産性を確保しつつ、設備機器・システムの適切な運用改善等を行うことをいいます。

2.開催概要

(1)日時 平成29年3月22日(水)13:00~16:30(受付開始12:00)

エコチューニング展示コーナー併設10:30~16:30

(2)場所 有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン11階)

http://www.asahi-hall.jp/yurakucho/access/

(3)定員 400名(参加費無料、要事前申込み)※ 定員を超えた場合は、お断りする場合があります。

(4)主催 環境省 (事務局:(公社)全国ビルメンテナンス協会)

(5)対象者 官公庁、ビルオーナー、省エネコンサルタント会社、ビルメンテナンス会社など ※ 対象者の制限はありません。

3.プログラム 

(現時点での予定であり、変更する場合がございますのでご了承下さい。)

時刻 内容・演題/講演・登壇者
10:30-16:30 ○エコチューニング展示コーナー
 展示パネルを用いて、エコチューニングの効果や制度の概要をご説明します。これまでに開催したセミナーの資料や、新たに認定されたエコチューニング事業者の名簿、平成29年度エコチューニング技術者資格講習会のご案内書等もお配りします。
シンポジウム受付開始(12:00) 
第1部:省エネルギーを取り巻く国内外の環境とエコチューニングの推進 
13:00-13:05 開会挨拶/環境省 地球環境局 総務課 低炭素社会推進室
13:05-13:25 「地球温暖化問題と業務部門への対策」/環境省 地球環境局 地球温暖化対策課
13:25-13:40 「業務用建築物における省エネルギー施策」/経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 省エネルギー課
13:40-13:55 「グリーンリースの促進について」/国土交通省 土地・建設産業局 不動産市場整備課
13:55-14:40 「エコチューニングの4つの中期重点施策」/ (公社)全国ビルメンテナンス協会 エコチューニング推進センター
14:40-15:00 休憩
第2部:(パネルディスカッション)低炭素社会の実現に向けたエコチューニングの役割 
15:00-16:25 <パネラー>
環境省 地球環境局 総務課 低炭素社会推進室
東京都 環境局 地球環境エネルギー部 地域エネルギー課
(一社)日本ビルヂング協会連合会
(一財)省エネルギーセンター
三幸(株)
パナソニック(株)
(公社)全国ビルメンテナンス協会 エコチューニング推進センター
<コーディネーター>(株)イニシア・コンサルティング
16:25-16:30 閉会挨拶/(公社)全国ビルメンテナンス協会 エコチューニング推進センター長

4.参加申込み

参加をご希望の方は、専用E-mailあてにお申込み下さい。

お申込みの際は、E-mailの件名に「エコチューニングシンポジウム参加希望」と明記し、以下の項目をメール本文にご記載いただき、開催日の1週間前までにご送付ください(添付資料のシンポジウム開催案内も合わせてご参照ください)。

①所属名(業種)、②部署名、③役職・氏名、④電話、⑤E-mail

※取材を希望される報道関係の方は、その旨を必ず明記ください。

・申込み専用E-mail:eco-seminar@j-bma.or.jp

5.お問合せ先(事務局)

 (公社)全国ビルメンテナンス協会

電話:03-6806-7311  FAX:03-3805-7561

URL:http://www.j-bma.or.jp/eco-tuning/h28symposium/

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課低炭素社会推進室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8244
室長  名倉 良雄(内線6740)
主査  小西まどか(内線6768)
担当  鈴木 允彦(内線6758)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ