報道発表資料

平成29年1月24日
自然環境
この記事を印刷

公益社団法人日本理学療法士協会・上田市・環境省 3者協定に基づく、「温泉を活かした新しい健康づくりフォーラム」の開催について

公益社団法人日本理学療法士協会、上田市(長野県)および環境省は、平成28年5月16日に締結した「温泉を活かした健康づくりに関する協定書」に基づき、国民保養温泉地等の振興・活性化ならびに国民の健康増進に資する取り組みの普及を図る、「温泉を活かした新しい健康づくりフォーラム」を開催します。

<公益社団法人日本理学療法士協会及び長野県上田市同時発表>

1.開催趣旨
温泉を活かした健康づくりに関して協定を締結した公益社団法人日本理学療法士協会、上田市(長野県)および環境省が、今までの活動と今後の展望について意見交換を公開で行い、本協定の趣旨である国民保養温泉地等の振興・活性化ならびに国民の健康増進に資する取り組みの普及を図る。

2.主催
公益社団法人日本理学療法士協会、上田市、環境省

3.日時・場所
1日目 温泉を活かした健康づくりフォーラム
平成29年3月14日(火)16:00~
場所 ザ・グランドティアラ上田高砂殿 2階 瑞松
(長野県上田市天神2-2-2)

2日目 鹿教湯温泉における取組の紹介
平成29年3月15日(水)10:00~
場所 鹿教湯病院 講堂
(長野県上田市鹿教湯温泉1308)

4.プログラム
【1日目 温泉を活かした健康づくりフォーラム&交流会】
16時    開会の挨拶 母袋創一(上田市 市長)
       来賓代表挨拶
16時15分~ 鹿教湯での取り組みについて
       小松泰喜(日本大学スポーツ科学部 教授)                        16時30分~ シンポジウム「温泉を活かした健康づくりのこれからについて」

        【座長】
       小松泰喜(日本大学スポーツ科学部 教授)

        【シンポジスト】
       半田一登(公益社団法人日本理学療法士協会 会長)

         母袋創一(上田市 市長)

         中島尚子(環境省自然環境局温泉地保護利用推進室 室長)

17時30分~19時 交流会(同会場にて、立食、自由参加)

【2日目 鹿教湯温泉における取組の紹介】

 10時00分~ 医療専門職の視点で語る温泉を活かした健康づくり
     (丸山陽一:鹿教湯病院 技師長)

 10時30分~ 温泉組合の視点で語る温泉を活かした健康づくり
     (斎藤宗治:斎藤ホテル代表取締役社長)

 11時00分~ 市担当者の視点で語る温泉を活かした健康づくり
     (上田市担当者)

 11時30分~ 質疑応答

 *1日目の交流会と2日目のプログラムは任意参加となりますが、貴重な意見交換の場をご用意しておりますので、是非とも、ご参加いただけると幸いです。

5.参加者
温泉地が所在する自治体職員、医療関係者、観光関係者、市民など

6.参加費
無料(1日目の交流会参加費については、現地にて別途精算)

7.申し込み方法
下記URLにアクセスし、参加の申し込みをお願いいたします。
https://questant.jp/q/IZROOWJ7(外部サイト)

連絡先
環境省自然環境局自然環境整備課温泉地保護利用推進室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8280
室長     中島尚子(内線 6427)
室長補佐   安西大成(内線 6459)
温泉保護係長 楠本浩史(内線 6458)

ページ先頭へ