報道発表資料

平成28年11月28日
自然環境
この記事を印刷

国立公園オフィシャルパートナーシップを締結しました

 この度、国立公園満喫プロジェクトの一環として、民間企業と相互に協力して、日本の国立公園の魅力を世界に向けて発信し、国内外の利用者の拡大を図るため、国立公園オフィシャルパートナーシッププログラムを開設し、本日、12の企業とパートナーシップを締結しました。
 今後、パートナーの輪を広げ、官民協力して国立公園を盛り上げていきたいと考えています。

1.国立公園オフィシャルパートナーシッププログラムの概要

(1)趣旨

 環境省と企業又は団体が相互に協力し、日本が世界に誇る国立公園の美しい景観と、国立公園に滞在する魅力を世界に向けて発信し、国内外からの国立公園利用者の拡大を図ることで、人々の自然環境の保全への理解を深めるとともに、国立公園の所在する地域の活性化につなげるためのパートナーシッププログラムです。 

 各企業の取組は、別添「国立公園オフィシャルパートナー 一覧」をご覧ください。

(2)パートナー企業(12社)一覧  (11月28日時点 五十音順)

・九州旅客鉄道株式会社

・KNT-CTホールディングス株式会社

・サントリーホールディングス株式会社

・株式会社ジェイティービー

・四国旅客鉄道株式会社

・全日本空輸株式会社

・東海旅客鉄道株式会社

・西日本旅客鉄道株式会社 

・日本航空株式会社

・株式会社日本旅行

・東日本旅客鉄道株式会社

・株式会社山と溪谷社

2.国立公園オフィシャルパートナーロゴマーク

 国立公園オフィシャルパートナーのロゴマークです。

 ロゴマーク全体は「日の丸」をイメージした中に、緑色で山や森、青色で海あるいは湖を表すことで、全体として日本の国立公園を表現しています。  

 白い山の稜線は、これから伸びていくというイメージとともに、アルファベットのNに見えることから、NatureのN、National ParkのN、そしてNipponのNという思いも込めています。

 飛んでいる2羽の鳥はイヌワシをイメージしています。イヌワシは、ずっと同じペア関係を維持すると言われていることから、この2羽でパートナーシップを表現しています。

 国立公園オフィシャルパートナーを締結した企業等の皆様は、ロゴマーク使用規約に基づき、無償で使用いただくことができます。

     <日本語版>            <英語版>

3.国立公園オフィシャルパートナー企業等の募集について

 環境省とのパートナーシップ締結を求める企業等は、別添「国立公園オフィシャルパートナーシッププログラム実施規約」に則り、国立公園の魅力発信に係る取組案を作成し、環境大臣に提案いただきます。

 取組案が、同規約に掲げる要件に該当すると認められるとき、環境大臣は、パートナーシップを締結できることとしております。

 詳細は、下記連絡先にお問い合わせ下さい。

〈連絡先〉TEL 03-5521-8271 メール koen_prize@env.go.jp

 担当 山本、原澤

添付資料

連絡先
環境省自然環境局国立公園課国立公園利用推進室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8271
室長  :堀内 洋 (内線6641)
室長補佐:中島治美 (内線6642)
担当  :原澤 修 (内線6647)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ