報道発表資料

平成28年2月1日
大臣官房
この記事を印刷

「エコジン」(環境省広報誌)2-3月号を発行しました!~インタビューは井田寛子さん~

 「エコジン」(環境省広報誌)2-3月号を本日2月1日に電子書籍として発行します。
 特集は、温暖化の今がわかる「COP21のLESSON」。2015年12月にパリで行われたCOP21で2020年以降の温暖化対策の新たな枠組みが定められました。私たちの暮らしや世界の取組はどう変わる?COP、そして地球温暖化について改めて学びます。
 エコジン・インタビューは、気象予報士・気象キャスターとしておなじみの井田寛子さん。"難しい気候変動の話や日々の気象情報を、なるべく現場に行き、人に会い、話を聞き、自分が感じた肌感覚を大事にし、やさしく伝える橋渡し役になりたい"と。ほかにも、「いきものフシギ日記」など、イラストや写真を使った分かりやすい誌面となっております。是非、ご覧ください。

1.「エコジン」(環境省広報誌)2-3月号の概要は以下のとおりです。

○エコジン・インタビュー 井田寛子さん(気象キャスター)

 「データだけではなく、人に会い、話を聞き、自分の言葉で伝えることにこだわりたい。」

○特集 COP21のLESSON 温暖化の今がわかる!

○ecojin SPECIAL NEWS ますますつながる!「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクト

○暮らしと3R。 自動車リサイクルの今

○Eco First Company File32 株式会社ブリヂストン「リトレッドタイヤの展開拡大」 ほか

Eco First Company File33 株式会社リクルートホールディングス「ムダを最小化する配本システム」ほか

○Discover ECO JAPAN Case 11 栃木県芳賀郡茂木町「広大な里山の自然をまるごと体感!」ほか

○ニッポンのeco、世界へ 第4回 森林から生まれる画期的な先端素材

○eco便り エコライフ・フェア2016出展者募集!、コニカミノルタプラネタリウム"満天"in Sunshine City

○いきものノート レブンアツモリソウ

○KIDS エコレポートVol.03 森里川海のつながりを取り戻すチャレンジ

○いきものフシギ日記 これはスナヤツメだろう

○eco昆虫記 昆虫と気候変動

2.「エコジン」(環境省広報誌)は、隔月発行の電子書籍です。

最近の環境行政情報や、企業・個人の方々による環境分野での先導的な取組を紹介し、国民一人ひとりが環境のことを考え、地球のためにできることを見つけ出すために役に立つ情報をお伝えします。

環境省広報誌エコジン:http://www.env.go.jp/guide/info/ecojin/index.html

エコジン2月-3月号

連絡先
環境省大臣官房政策評価広報課広報室
直通:03-5521-8213
代表:03-3581-3351
室長:庄子 真憲(内6081)
補佐:稲玉 建美(内6082)
係長:竹内 志乃(内6085)

ページ先頭へ