報道発表資料

平成20年7月22日
地球環境
この記事を印刷

「アジアにおける温室効果ガスインベントリ整備に関するワークショップ」及び「温室効果ガス排出量算定に関する公開シンポジウム〜こうして求める約束期間の排出量」について(結果のお知らせ)

国立環境研究所と共催で、7月16日(水)〜18日(金)に「アジアにおける温室効果ガスインベントリ整備に関するワークショップ(Workshop on Greenhouse Gas Inventories in Asia)(以下、WGIA)」、翌19日(土)に「温室効果ガス排出量算定に関する公開シンポジウム〜こうして求める約束期間の排出量」を開催しましました。WGIAの成果及びシンポジウムの開催概要は別紙1,2のとおりです。

 

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
課長:徳田 博保(内線6770)
課長補佐:加藤 聖(内線6768)
係長:服部麻友子(内線6778)

独立行政法人国立環境研究所
地球環境研究センター副センター長:
野尻 幸宏(029-850-2499)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ