総合環境政策

気候変動長期戦略懇談会

概要情報

 本年7月に、温室効果ガスの2030年削減目標(2013年度比26%減)を盛り込んだ「日本の約束草案」を決定し、今後その確実な実現が求められます。

 その先には、「第四次環境基本計画」(平成24年4月27日閣議決定)において、我が国として2050年までに80%の温室効果ガスの排出削減を目指すこととしているほか、本年のG7サミットでは、世界全体の温室効果ガス削減目標に向けた共通のビジョンとして2050年までに2010年比40-70%の上方の削減とすることが盛り込まれました。こうした目標を達成していくためには、単なる個別対策の積み上げだけではなく、社会システムの変革が不可欠です。

 このような観点から、長期における温室効果ガスの大幅削減と、我が国が直面する構造的な経済的・社会的課題の同時解決を目指し、我が国の新たな「気候変動・経済社会戦略」の考え方を議論するため、環境大臣の私的懇談会として、幅広い分野の有識者から構成される「気候変動長期戦略懇談会」を設置することとしました。

気候変動長期戦略懇談会からの提言について

提言 [PDF 2,433KB]

提言概要 [PDF 1,323KB]

※参考 平成28年2月26日(金)報道発表:http://www.env.go.jp/press/102179.html

各懇談会について

第一回懇談会(平成27年10月11日)

委員名簿

議事次第・資料

第二回懇談会(平成27年10月25日)

議事次第・資料

第三回懇談会(平成27年11月29日)

議事次第・資料

第四回懇談会(平成27年12月17日)

議事次第・資料

第五回懇談会(平成28年1月30日)

議事次第・資料

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ