グッドライフ
アワードとは

みんなの力で社会は変わる!
みんなの力が社会を変える!

グッドライフアワードは、環境に優しい社会の実現を目指し、日本各地で実践されている「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取組を募集して紹介、表彰し、活動や社会を活性化するための情報交換などを支援していくプロジェクトです。

グッドライフアワードでは、生活者や各種団体、企業などが行っている「環境と社会によい暮らし」を実現するための取組を募集します。

みなさんの取組についての情報を発信することで、日本で暮らすひとり一人がライフスタイルを見直すきっかけになることを目指しています。

持続可能な社会の実現に向けて、成功している取組が「なぜうまくいっているのか」といったポイントや、多くのみなさんが抱く社会の問題に対する思いを、広く共有していきましょう。

わたしたちの暮らしを制約するさまざまな課題

日本、そして地球は、わたしたちの暮らしを制約するさまざまな課題を抱えています。グッドライフアワードが応援する取組は、まさにこうした課題を複合的に解決するための一歩です。

たくさんの人たちのアイデアや取組で、サスティナブルライフを実現しましょう。

現在および将来の制約条件例

私たちはさまざまな制約のもとで生活しています。人の暮らしを取り巻く社会システム、自然環境など、いろいろなレベルの制約があることを認識しておきましょう。グッドライフを実現するための取組は、こうした「制約」の緩和に役立つものであると考えています。

実行委員会

グッドライフアワード実行委員会は、アワードの主旨に賛同する、環境と社会によい活動に関わる分野で活躍中の有識者の集まりです。

実行委員会ではグッドライフアワードの厳正な選考を行います。また、応募、受賞されたプロジェクトを世の中に広げていくためのサポートなど「グッドライフ」が日本全国に広がるよう、さまざまなかたちでプロジェクトを応援します。

益田文和 委員長

デザインコンサルタント 株式会社 オープンハウス代表取締役
1949年東京都出身、1973年東京造形大学デザイン学科卒業。1978年以降フリーのインダストリアルデザイナーとして家電をはじめとする様々な製品のデザイン開発や地域産業のデザイン振興など国内外のプロジェクトに関わる。1991年株式会社オープンハウス設立(代表取締役)、2000年より15年まで東京造形大学デザイン学科教授(インダストリアルデザイン/サステナブルプロジェクト)。サステナブルデザイン国際会議実行委員長、2014年よりキッズデザイン賞審査委員長などを務める。著書に「エコデザイン ベストプラクティス100」(共著/ダイヤモンド社)、エコデザイン(共著/東大出版会)など。


大葉ナナコ 委員

公益社団法人 誕生学協会代表理事 バースコーディネーター ベビー&バースフレンドリー財団 代表理事
1987年の初産時から女性の身体能力やセルフ ケアに関心を持ち、出産準備教育を学ぶ。 妊娠出産の知識といのちの大切さを、多くの世代が妊娠出産の基礎知識やいのちの大切さを学べるようにと、1997年バースコーディネーター業を創職。2003年にバースセンス研究所を設立。2005年に日本誕生学協会を設立(2011年3月公益認定を受ける)。 自尊感情を高めるいのちの教育プログラム「誕生学」(商標登録)が行政、学校、PTA、育児支援企業に好評を博す。少子化対策と女性活躍推進の両立支援事業や、官公省庁の委員や次世代育成のための官民各種プロジェクトに参画。著書24冊。現在、国立大学院にて、愛情ホルモンと環境の関係性を研究中。

末吉里花 委員

一般社団法人 エシカル協会代表理事 フリーアナウンサー
慶應義塾大学総合政策学部卒業。TBS系『世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターとして世界各地を旅した経験を持つ。また司会や、レポーター、モデレーターもこなす。フェアトレードやエシカルを中心に活動を展開し、日本全国の企業や高校、大学などで講演、各地のイベントでトークショーを行う。著書に『祈る子どもたち』(太田出版)。新刊『はじめてのエシカル』(山川出版社)。消費者庁「倫理的消費」調査研究会委員(2015.5〜2017.3)、東京都消費生活対策審議会委員、日本エシカル推進協議会理事、NPO法人FTSN(Fair Trade Students Network)関東顧問、1% for the Planetアンバサダー、ピープルツリーアンバサダー http://ethicaljapan.org

炭谷茂 委員

社会福祉法人 恩賜財団済生会 理事長
1946年富山県生まれ。1969年東京大学法学部卒業後、厚生省(当時)入省。2001年環境省官房長、地球環境局長、2002年総合環境政策局長、2003年7月環境事務次官に就任、2006年9月退任。2008年より現職。大学等で社会福祉学、環境政策学、環境福祉論等の教育と研究に従事。 環境福祉学会会長、日本ソーシャルインクルージョン推進協議会代表、ソーシャルファームジャパン理事長、人権文化を育てる会代表世話人等を通じて社会貢献活動に従事。

高橋俊宏 委員

株式会社 枻出版社 Discover Japan統括編集長
1973年岡山県生まれ。1999年枻出版社入社。建築やインテリア、デザイン系のムックや書籍など幅広いジャンルの出版を手掛ける。2008年に日本の魅力を再発見をテーマにした雑誌、Discover Japanを創刊し、編集長を務めています。現在は同誌プロデューサーとして、雑誌メディアを軸にイベントや場づくりのプロデュース、パリに店舗をオープンし、海外発信の拠点をつくるなど、多岐にわたり活動中。現在、地域ブランディング協会代表理事、京ものユースコンペ審査員、高岡市クラフトコンペ審査員、高山市観光経済アドバイザー、経産省や農水省関連のアドバイザーなども務める。JFN「オーハッピーモーニング」に毎月ゲスト出演中、昨年末はTBS系列の朝の番組「あさチャン!」のゲストコメンテーターを務めるなどメディアを超えて、日本の魅力、地方の素晴らしさを発信中。

中井徳太郎 委員

環境省 総合環境政策統括官
東京大学法学部卒業。大蔵省(当時)入省後、主計局主査などを経て、富山県庁へ出向中に日本海学の確立・普及に携わる。財務省理財局計画官、財務省主計局主計官(農林水産省担当)、環境省総合環境政策局総務課長、環境省大臣官房会計課長、大臣官房環境政策官兼秘書課長、大臣官房審議官、大臣官房廃棄物・リサイクル対策部長を経て、2017年7月より現職。

藤野純一 委員

公益財団法人 地球環境戦略研究機関 上席研究員
「成長の限界」が出版された1972年生まれ。大学院時代は長期世界エネルギーシステム分析を行い、そのご縁で2000年4月に国立環境研究所入所。日本低炭素社会シナリオ研究で2050年までにCO2を大幅削減する社会を描いたことなどから、日本の温暖化目標値づくりや「環境未来都市」構想のコンセプトづくりに関わる。またアジアの国や都市の低炭素社会シナリオ構築・その実現策に関心が広がる。東日本大震災をきっかけに特に福島の復興さらには飯舘村の復興計画づくりに関わる。主著書に「低炭素社会に向けた12の方策」(日刊工業新聞社)、「みんなの未来とエネルギー」(文溪堂)。より現場に、よりソリューションに関わっていきたい。

南谷えり子 委員

元エル・ジャポン編集長
JMギャラリー 代表。一般社団法人低炭素社会創出促進協会(LCPA)理事。 学習院大学、ニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)卒業。伊藤忠ファッションシステム株式会社東京本社、同社ニューヨーク駐在員、『エル・ジャポン』編集長などを経て現職。

森 摂 委員

オルタナ編集長
東京外国語大学スペイン語学科を卒業後、日本経済新聞社入社。編集局流通経済部などを経て 1998年-2001年ロサンゼルス支局長。2006年9月、株式会社オルタナを設立、現在に至る。主な著書に『未来に選ばれる会社-CSRから始まるソーシャル・ブランディング』(学芸出版社、2015年)、『ブランドのDNA』(日経ビジネス、片平秀貴・元東京大学教授と共著、2005年)など。武蔵野大学大学院環境学研究科客員教授。CSR検定委員会委員。一般社団法人CSR経営者フォーラム代表理事。特定非営利活動法人在外ジャーナリスト協会理事長

総合プロデューサー

谷中修吾

BBT大学 経営学部グローバル経営学科 学科長・教授/BBT大学大学院MBA 教授
ビジネスプロデューサー。静岡県出身。東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻卒。スタンフォード大学に拠点を置く国際教育NGOでの事業運営を経て、公益財団法人松下政経塾を卒塾。教育NPOにて経済産業省キャリア教育プロジェクトのモデル事業化を実現した後、外資・戦略コンサルティングファーム Booz Allen Hamilton で政府機関・民間企業の経営戦略策定・実行支援を経て、現職。経営とデザインを組み合わせた事業開発を専門とし、ソーシャルビジネスの立ち上げ実績多数。スターバックス、キヤノン、松下政経塾の連携による復興支援プロジェクト「道のカフェ」創設者/総合プロデューサー、地方創生イノベータープラットフォーム INSPIRE 代表理事/総合プロデューサー、渋谷ヒカリエ「エコアドベンチャー展」総監修など。TEDキュレーター経験を持ち、各種カンファレンスのナビゲーターも務める。

運営事務局

事業責任者 山口裕二 (株式会社ビジネス・ブレークスルー)

事務局長 三浦敦