引きの強さに取り憑かれる サケ・マス釣り。荒々しく美しい景観の中でのサケ・マス釣り。魚たちとの賭け引きは、スポーツフィッシングとしてフェアに行うのが知床流のオトナの釣りだ。

知床半島先端部地区での釣りスタイル

船釣り

沖合いで船の上から釣る釣り。

渡船

羅臼側で行われる、船であらかじめ決められた場所へ行き、沿岸河口部で行うサケ・マス釣り。

  • 渡船は瀬渡しとも呼ばれる。渡船は瀬渡しとも呼ばれる。
  • 船釣りと渡船の場所地図渡船は4箇所。船釣りは相泊〜沖。

サケやマスは、知床の野生の生き物たちと漁業者の大事な資源です。ごっそり釣って持って帰れば当然、川で産卵する魚が減ってしまいます。世界遺産地域での特別な釣りであり、ルール厳守が鉄則。ゴミを残したり、ヒグマとのトラブルを起こさないよう、フェアな釣りを楽しみましょう。

羅臼遊漁船部会自主ルール紹介。営業は 日帰りで、宿泊なし。12時間以内でその日のうちに帰ります。船釣りはクーラーボックス1個以内、 渡船による沿岸河口部での釣りはサケ5匹以内、マス10匹以内。釣り自体を楽しむスポーツフィッシングとして渡船は二本滝、滝ノ下、ペキンの鼻、モイレウシの4ヶ所。サケマス釣りの渡船は最長で9月末日まで。魚卵のみ採集は禁止、身もすべて持ち帰る。

知床半島では海岸でもヒグマに遭遇します

実際にあったヒグマとの遭遇例。渡船で上陸した河口でのカラフトマス釣り中に、背後からヒグマが現れました。釣り人は全員逃げ場を失い、大騒ぎに。どんなときも緊張感を持ち冷静に対処しましょう。手荷物を放り出して逃げないこと。カバンの中の美味しい弁当は、ヒグマに人の食べ物を与えていることに。また逃げるときに大慌てで釣った魚もクーラーボックスも放置したままにしないこと。ヒグマに人が魚を与えていることに!

釣りとヒグマのことQ&A

なぜヒグマにサケやマスを奪われてはいけないのでしょう?
知床のヒグマは、秋はサケやマスを食べていますが、「人の釣った魚は簡単に奪うことができると覚えさせないこと」が大事です。ヒグマは大変学習能力が高いので、いったん人と食べ物を結びつけると、しだいにエスカレートし、魚がなくても人に近づいてくるようになります。

先端部地区でのヒグマ対策

自分の食べ物は奪われましたが、逃げてきたので怪我はしませんでした・・・
これは大きな問題です。ヒグマが人の食べ物の味を覚えてしまったことになります。あなた自身は助かっても、次の利用者や周辺の漁師さんが危険な目に遭います。

ヒグマ対策アイテム

  • 頭をかじられたカラフトマス
  • ヒグマが食べた人の食べ物

ここで情報を得てから出発!

知床の2つの施設で、知床半島先端部の近況や危険箇所の情報、注意事項の提供のほか、ヒグマ対策アイテムのレンタルを行っています。準備が整ったら、出発前に必ず立ち寄って、近況をよく調べてから行きましょう。