未来に引き継ぐ大自然 国立公園 National Parks of Japan

秩父多摩甲斐国立公園

公園紹介

国立公園

 秩父多摩甲斐国立公園は、1950年(昭和25年)7月10日に誕生しました。
 公園区域は、雲取山から甲武信ヶ岳、金峰山へと連なる奥秩父の山々を中心とした12万6259ヘクタール。埼玉、東京、山梨、長野の1都3県にまたがるこの公園は、荒川、多摩川、笛吹川(富士川)、千曲川(信濃川)などの源流域となっています。

自然環境の概要

公園区域の概要

基礎情報
:面積、経緯、規制地域、関係市町村等
区域図 [PDF 2,816KB]
:縮尺:1/200,000
※ファイルサイズが大きいため、ダウンロードをしてからご覧いただくことをおすすめします。

シンボルマーク

公園計画・管理計画

 国立公園は、保護や利用の計画を立てて運用・管理されています。

指定動物・指定植物

特別地域内での捕獲や採取等に許可が必要な動植物

指定動物(国立・国定公園内における動物の保護対策について)
指定動物一覧 【Excel版(17KB) / PDF版(11KB)
指定植物
ページ先頭へ
Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。