ウェブサイト作成ガイドライン | 閲覧想定プラットフォーム

閲覧想定プラットフォーム

 閲覧想定プラットフォームは以下によること。

1.Webブラウザ

 以下のブラウザで、概ね同じ表示がなされるよう作成する。
  • Internet Explorer 9, Internet Explorer 8, Internet Explorer 7
  • Firefox 4
  • Safari 5
 以下のブラウザで、上記のブラウザと同じ表示をする必要は無いが、情報の内容が読み取れないほど表示が崩れる(文字が重なるなど)ことがないように作成する。
  • Internet Explorer 6
  • Opera 11
  • Google Chrome 10

2.HTMLのバージョン

 環境省ホームページは、原則として以下の技術で作成、更新を行なう。
  • HTML
    • HTML 4.01 Strict
    • HTML 4.01 Transitional
    • XHTML 1.0 Transitional
  • スタイルシート
    • CSS2.1

3.文字コード等

  • html要素のlang属性またはxml:lang属性に、使用している言語を記述する。
  • 文字コードutf-8で作成する。head要素のmeta要素内に、utf-8と記述する。
  • ページ内に別の言語を表記する場合に、lang属性を用いて言語を記述する。
ページ先頭へ