自然環境・生物多様性

希少種とノネコ・ノラネコ

いま、希少種があぶない!

 ノネコのせいは、人間のせいでした。

 ノネコとは、野生化したネコのこと。

 元々はペットだったネコたちです。

 そんなノネコたちが今、

 日本の希少な動物たちを脅かしています。

 人間が作り出したノネコたちのことを

 私たちは考えなくてはなりません。

ノネコは絶滅が心配される希少種などに、大きな打撃を与えています。

エサとして食べてしまう

アマミノクロウサギやヤンバルクイナなど特定の地域にしか生息していない希少な哺乳類や鳥類などを食べてしまうため、これらの動物たちに深刻な被害を与えています。

繁殖に悪影響を与えてしまう

ウミネコやオオミズナギドリなどの海鳥の巣に侵入し、卵やヒナを食べてしまうため、海鳥たちは安心して卵を産み、ヒナを育てることができません。

野生のヤマネコに悪影響を与えてしまう

エサの奪い合いやなわばり争いなどで、日本に生息するツシマヤマネコやイリオモテヤマネコにネコエイズウイルス等を感染させたり、ケガを負わせたりすることがあります。

ノネコの何が問題なの?

ノネコによる悪影響をうけている 絶滅の危機にある生き物たち
アマミノクロウサギを捕食するノネコ

 希少種を食べてしまうなど、深刻な被害を与えています。
 ノネコは小型哺乳類や鳥類、爬虫類、両生類、昆虫類などさまざまな生き物を食べてしまいます。また、エサとして食べてしまうだけでなく、「遊び」としてのハンティングを行うことも。
 さらに、1頭のメスが生涯に50~150頭も出産可能なため、野外でどんどん増えて希少種に大きな被害を与えています。ノネコは世界や日本の侵略的外来種ワースト100に選ばれています。

ノネコは元々、人間のペットだったネコたちです。

ネコは人間の良きパートナーで、ペットとして飼われています。「ペットを飼う」ということは、そのペットの命を預かるということを忘れてはいけません。ノネコも元々は人間に飼われていたネコたちです。飼い主の都合により捨てられることで生まれてしまう不幸なノネコ。そんなノネコによる希少種の被害は人間の責任です。私たちの努力で、希少種の被害を減らすことができます。

私たちに何ができるの?

飼ったら捨てない

ネコは人間の良きパートナーで、ペットとして飼われています。「ペットを飼う」ということは、そのペットの命を預かるということを忘れてはいけません。ノネコも元々は人間に飼われていたネコたちです。飼い主の都合により捨てられることで生まれてしまう不幸なノネコ。そんなノネコによる希少種の被害は人間の責任です。私たちの努力で、希少種の被害を減らすことができます。

責任のある飼い方を

室内での飼育に努め、逃げ出さないように飼うことが大切です。また、不妊去勢手術などで繁殖を制限し、みだりに数を増やさないようにしましょう。

飼いネコの身元表示を忘れずに

希少種を絶滅から守るためには、ノネコの捕獲が必要です。ノネコの捕獲を進めるためには、マイクロチップなどによりノネコと飼いネコがきちんと区別できることが重要です。

引き取りに協力を

捕獲されたノネコは新しい飼い主に引き取ってもらうことで再びペットとして暮らすことができます。新しい飼い主になってもらえる人を探しています。

再びペットとして暮らすために

ノネコを一時的に飼い、人になれさせて新しい飼い主に引き取ってもらうまでには多くの時間と労力がかかります。こうした取り組みにご理解とご支援をお願いします。

「希少種とノネコ・ノラネコ」チラシ ダウンロード[PDF 3,195KB]

希少種とノネコ・ノラネコシンポジウムの開催について

平成27年3月1日(東京)と3月8日(大阪)にシンポジウムを開催しました。
詳しくは報道発表資料をご確認ください。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ